2011年1月23日 (Sun)

大船フラワーセンター(2) 


ひとしきり「ツタンカーメンのえんどう豆」を撮った後、
バラ園に向かう通路脇の蝋梅に移動。
蝋梅はここ数日の寒さに、ちょっと凍えているかのようでした。
蝋梅(ロウバイ)

素心蝋梅(ソシンロウバイ)「古都の輝き」
フラワーセンターで選別育成された品種で、花弁に丸みがあり、黄色が蝋梅に比べかなり濃いめです。
画像の花、雄しべが開いています。
この後、雄しべは雌しべを包むように閉じてしまいます。

万作(マンサク) マンサク科
黄色のリボンのような花弁が覗いていました。
派手な花ではありませんが、やはり春の花の開花は嬉しいものです。
春の訪れを告げる、春に“まず咲く”ということから付いたダジャレのような名前。
でもそのお陰で、すぐ覚えてもらえるのではないでしょうか。

マホニア“アーサー・メンゼス” メギ科ヒイラギナンテン属
ヒイラギナンテンの園芸品種でしょうか。
一般的なヒイラギナンテンに比べ、草丈は人の背丈を超えるくらいあり、花色も鮮やかで豪華な印象です。
画像では確認しにくいと思いますが、真ん中の花の中に水玉のようなものが2つ。蜜…でしょうか。
(撮影日:2011年1月22日)

コメント

思い出しながら・・・

こんばんは。
大船フラワーセンターでご一緒させて頂いたのを思い出して
真を見ています。
やっぱり素敵に、そしてきっちりピントが合っている画像を見ながら
さすがハム次郎さんと思ってしまいました。
撮影の仕方、切り取り方、花の見方等沢山教えて下さり
とても勉強になりました。
冬だったので花が少なかったのですが逆に目移りせず
ゆっくり撮れたかなと思いました。
馬事公苑の梅がまだアップ出来ていないので大船はその後に
なるのではと思っています。
昨日の自然教育園で又はまってしまった「枯れたヤマホトトギス」を・・・

by granma 2011/01/24 (Mon) 20:09:07

今度はトキリマメ…

それと、マメカミツレの場所にご案内しましょう~

「ご自分のペースで」なんて言っておきながら、撮影の仕方などお節介をしちゃったかも、、、とちょっと反省モードでした。
しっかりgranmaさんのペースを、乱してしまったかもしれません。
ごめんなさい(^^ゞ

馬事公苑の後のアップ、楽しみにしています♪

実がはじけたあとのホトトギス、結構面白い被写体になりますね。
私もこんどトライしてみましょう。

by ハム次郎 2011/01/25 (Tue) 19:45:42

これが花??

「念願の…」の書き出しでgranmaさんからメールが届きました。
真冬の大船、それでも苦しいときには大船でしたし、温室で暖をとって、また…でした。
トキリマメ、マメカミツレには会えなかったようですが、きっとまた…ですね。
これが花??と、奇妙な顔つきだったロシナンテさんの顔を思い出しますし、
座り込んだまま動かなかったハム次郎さんを囲んでいたカップルも懐かしいです。

by 林の子 2011/01/25 (Tue) 20:39:23

座り込まないと

撮れないマメカミツレ。
鎌倉駅前の植え込みにも居場所を確保していましたし、
結構いろいろなところで出会えるのですが、
やはり座り込める場所は、例の場所…
まだ土が露出した状態で、気配もありませんでしたが、
きっとそのうち♪

トキリマメの反対側にハンカチの大きな木があること、
granmaさんがトキリマメを探す目印に林の子さんから教えていただいた情報で初めて知りました。
何度も通った路ですのに…下ばかり見ているからかもしれませんね(^^ゞ

by ハム次郎 2011/01/25 (Tue) 21:16:36














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c9/a201101232149.trackback