2011年9月4日 (Sun)

アマミクサアジサイ(奄美草アジサイ) 


鎌倉でタマアジサイが咲き始めましたので、開花を楽しみにしていた「アマミクサアジサイ」を撮りに鎌倉・光則寺へ行ってきました。
ヤマアジサイ同様、鉢植えでの管理。
どの鉢も、見事にたくさんの花茎が上がっていて、淡紅色の小さな花を見ることができました。





ネット検索をしていて“アマミクサアジサイ”についての毎日新聞の記事を見つけました。(以下記事から引用)
          ***************
アジサイの原種といわれ、奄美大島固有種のアマミクサアジサイが、
同島の山中で薄紅色や白色の小さく可憐(かれん)な花をひっそりと咲かせている。
 ユキノシタ科の多年草で高さは30~60センチ。
渓流沿いや湿地の涼しげな場所で、放射線状の茎の先に夏期に5ミリほどの清楚な花を多数つける。
交配を重ねた一般的なアジサイのような派手さはない。
 同島でも群生地は2カ所ほどといわれる希少な植物だが、
林道沿いの伐採などで生息環境は悪化しており、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧1B類に分類されている。(2011.08.29)
          ***************

奄美大島から1500キロ余り離れた鎌倉で、この花を見ることができる幸せをあらためて実感しました。

(撮影:2011年9月4日 光則寺)
2011-09-04 20:52 in あじさい | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c7/a201109042052.trackback