2011 06月 10日

アジサイの葉化病に要注意!


葉化病については、このblogの昨年7月4日の記事で「ファイトプラズマによる葉化病」を書きました。

先日、鎌倉・光則寺で1鉢、葉化病だろうと判断されたものが見つかり、即刻、焼却処分されました。
光則寺では、これ以上葉化病が広がらないように、また多くの方にこの病気のことを知っていただくためにと、境内に注意喚起のための掲示を明日から実施することにしたそうです。
その掲示の内容を、一部ご紹介します。
                
             ***********************************

                 【 アジサイ葉化病に注意 】
               葉化病の被害が拡大しています。
            光則寺でも1鉢感染を確認し、焼却処分しました。 

 今回感染をしたと判断された株で、両性花に葉のようなものが出現しています(白マル内)





ヨコバイの仲間の媒介まではわかったようですが、現時点では予防・治療方法はありません。
新たな感染を防ぐためには、“ 早期発見 ”や“ 剪定鋏は株ごとに消毒をする ”などの対応しかできません。

 ( 写真は川島榮生氏の許可を得て、氏のHP「ヤマアジサイ」よりコピーをしました )






日本の固有種でもあるアジサイを守るために、写真のような濃い緑の紫陽花は購入しないように!
また、感染した株は必ず焼却処分を!!                  ** 光則寺 **

            ************************************

参考までに、昨年、裏高尾で見つけた葉化病と思われるアジサイの画像を再度掲載をいたします。



エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除