2011 12月 02日

ハダカホオズキ(裸酸漿)、ヤクシソウ(薬師草)



以前より見てみたいと思っていた「ハダカホオズキ」、ヒヨドリジョウゴと混同していたこともあって、今回初めてハダカホオズキと認識して撮ることができました。
「ハダカホオズキ(裸酸漿)」  ナス科ハダカホオズキ属
果実が袋に包まれず、裸であることから付いた名だそうです。
晩秋、8mmほどの真っ赤に熟した果実をたくさん吊り下げます。
今回は果実の状態でしたので、来年の夏には花を撮りに行こうと思っています。


「ヤクシソウ(薬師草)」  キク科オニタビラコ属
山野に日当たりのよいところに生える2年草です。
花の時期はそろそろ終盤で綿毛になっているものが多く見られましたが、まだ花も。。

(2011年11月26日  横浜・舞岡公園)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除