2011 11月 05日

コウヤボウキ(高野箒)、シロヨメナ(白嫁菜)


上野原で思いがけず出会えた花のもうひとつは「コウヤボウキ(高野箒)」です。
数年前、奥多摩湖畔と御岳山で見たことはあるのですが、花期が9~10月ということもあって、上野原では初めて。。
ヤクシソウの白花に同じく一株だけでしたので、いずれ姿を消してしまうかもしれません。出会えたことに感謝です。

「コウヤボウキ(高野箒)」  キク科コウヤボウキ属
山地や丘陵地のやや乾燥したところに生えるキク科では珍しい草本状の小低木です。
枝は細く細かく枝分かれし、1年生枝の枝先に白色の頭花を一つつけます。
細いリボンを束ねたような頭花は1.5cm程度で可愛らしい姿をしています。
昔、高野山では竹を植えることが禁じられていたため、竹箒の代わりにこの枝を束にして箒にしたところから付いた名だそうです。

「シロヨメナ(白嫁菜)」
キク科シオン属で山野に生える高さ0.3~1mの多年草です。
ネット検索をすると別名「ヤマシロギク」との記述を多く見るのですが、私がいつも参考にさせていただいている図鑑“山と渓谷社・野に咲く花”では「イナカギク」の別名を「ヤマシロギク」としています。
野に咲くキク科の花は見ただけでは素人の私には分類をするのはとても難しく、“ノギク(野菊)”とした方が間違いがないのかもしれません。



野の花ではないのですが、途中の畑に咲いていたラッキョウの薄紫色の花がとても可愛かったので♪



(撮影:2011年11月3日 山梨県上野原市)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除