2011 11月 23日

シラヤマギク(白山菊)、アシズリノジギク(足摺野路菊)、フウシャギク(風車菊)、コンギク(紺菊)


東慶寺には数種の菊が咲き、晩秋の境内を彩ります。
毎年この菊の花の咲くのを楽しみにしています。
清楚でいて逞しい、、、そんな雰囲気を持った花です。
たぶん、「シラヤマギク(白山菊)」ではないかと思うのですが、名札がないため断定はできません。  …2011.10.28撮影

山門裏で咲く「アシズリノジギク(足摺野路菊)」、ノジギクの変種だそうです。
葉の縁に短い毛が密生しているので、葉に白い縁取りがあるようにみえます。

花弁の先がスプーン状をしている「フウシャギク(風車菊)」、もとは中国原産だそうですが、大巧寺のフウシャギクとは花の大きさや雰囲気が違い、園芸種に近いのではないかなぁと感じています。

「コンギク(紺菊)」だと思います。
青紫色の花弁が美しく、密生して咲いている様子はとても綺麗です。
ノコンギク(野紺菊)の自生品種のなかから選ばれたもので、古くから観賞用に栽培をされてきたそうです。


(2011.11.12  北鎌倉・東慶寺)


エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除