2011年11月22日 (Tue)

リンドウ(竜胆) 


晩秋の東慶寺での楽しみは、本堂前に群れ咲くリンドウの花です。
今年は天候不順のせいか、少し元気が無かったように感じました。
それでも、青紫色の花を楽しむことができました♪

「リンドウ(竜胆)」 リンドウ科リンドウ属
根を乾燥したものを薬用にし、漢方では竜胆(りゅうたん)と呼ぶそうです。
山野に生える高さ0.2~1mの多年草です。
花筒の中心に、柱頭が2つに別れているのが雌しべ、花筒について開いているのが5個の雄しべで、咲き始めの状態です。その後、雄しべが雌しべを包むように閉じ、花粉を雌しべにつけます。
秋遅い開花で確実に結実させるリンドウの知恵…でしょうか(^^)

花弁の色変わりが数株ありました。
花弁が少し変形しているので、園芸種ということでは無いのかもしれませんね。




(2011年11月12日  北鎌倉・東慶寺)
2011-11-22 21:35 in 鎌倉 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201111222135.trackback