2011 11月 21日

キチジョウソウ(吉祥草)、ノブドウ(野葡萄)


今日から11月12日に撮影をした鎌倉の花を、何日かに分けてご紹介します。

吉事があると開花をするという伝説に由来する「キチジョウソウ(吉祥草)」です。
ユリ科キチジョウソウ属、常緑の多年草ですので、花が咲いていることに気付かず、見過ごしてしまうこともあります。

瑠璃色に輝く「ノブドウ(野葡萄)」の実です。
もう少し早い時期でしたら、淡緑色や紫色、碧色の果実を撮ることができたのですが、、、


8月21日に撮影をしたノブドウ、花は直径3~5㎜の小ささです。
5枚の花弁と5個の雄しべ、盃形の花盤には蜜をたたえます。


(2011年11月12日  北鎌倉・東慶寺)



エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除