2011年10月26日 (Wed)

ダンドボロギク(段戸襤褸菊) 


草丈が0.5~1.5mになるという「ダンドボロギク」ですが、円覚寺参道脇の石段の上に生えているのは小さくてあまり目立ちません。
参道を歩く人々には目に留めてもらえませんが、ちゃんと花を咲かせ、綿毛を飛ばしています。
         ***********
「ダンドボロギク(段戸襤褸菊)」 キク科タケダグサ属 北アメリカ産の1年草。
名の由来は、1933年に愛知県の段戸山で発見されたことによります。
山林の伐採地などの荒地に、いち早く入り込んで広がりますが、すぐに姿を消してしまいます。
アメリカでは山火事の跡などによく生えるので、fire weed(火の草)と呼ばれているそうです。

茎の上部に円錐花序を出して、小さな頭花を上向きにつけます。
頭花はすべて糸のように細い筒状花からなり、花冠の先は淡黄色~緑黄色、下部は白色です。(画像の2枚目の花冠の下部は、きれいな淡紫色でした)
花の長さは1~1.5cmです。

総苞が開いて、白い冠毛がパッと広がっています。
中心部にはまだ長い筒状花が残っていて、綿毛が帽子をかぶっているように見えます(^^)♪







(撮影:2011年10月24日  円覚寺)
2011-10-26 20:29 in 鎌倉 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201110262029.trackback