2011年10月22日 (Sat)

ミョウガ(茗荷) 


今日は叔母たちを案内して、久しぶりにみなとみらいから山下公園界隈を散策。
心配をした雨はお昼前には上がり、時折陽がさす暖かい一日になりました。
大桟橋には客船“Sun Princess”号が寄港していて、その船体の巨大さにびっくりでした。

            *************
2週続けて所用で撮影に出かけられなかったので、10月9日に撮影をした分をアップしたいと思います。
この日は、久しぶりに覚園寺~瑞泉寺~永福寺跡コース♪
主な目的は覚園寺のナンバンギセルでしたが、時期が遅かったのか影も形もありませんでした。でも、なかなか撮る機会のなかったミョウガの花を撮ることができて、結果オーライ…でした。

 「ミョウガ(茗荷)」 ショウガ科ショウガ属
東アジアが原産で、野生化もしていますが、薬味などにするために栽培される多年草です。
花は淡黄色で1日で萎んでしまいます。

スーパーなどで売られている“ハナミョウガ”は、花穂の中に複数個の蕾が存在しています。
また、市場には出ませんが、夏の初めに地下茎から地上にのびた若芽も“ミョウガダケ”と言って、ハナミョウガと同じ香りを持っていますので、細かく刻んで薬味や味噌汁の実にして美味しくいただくことができます。

(撮影:2011年10月9日  鎌倉・覚園寺)




2011-10-22 23:28 in 鎌倉 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201110222328.trackback