2011 09月 10日

アカバナゲンノショウコ、スズムシバナ、ツリガネニンジン


アカバナゲンノショウコ(赤花現の証拠)

フウロソウ科フウロソウ属
下痢止めの民間薬として有名で、飲むとすぐに薬効があることから「現の証拠」という名が付いたそうです。
また、果実が熟すと5裂し、裂片が巻き上がった様子から「ミコシグサ(神輿草)」という別名のほうが知られているかもしれません。
ゲンノショウコには白花と赤花がありますが、東日本には白花、西日本には赤花が多いそうです。

スズムシバナ(鈴虫花)

キツネノマゴ科で、山地の木陰にはえる多年草です。
スズムシが鳴き出す頃に咲くところから付いた名のようです。
朝、紫色の可愛らしい花を咲かせ、夕方までに落ちてしまいますが、翌朝また新しい花芽が出てきて、楽しませてくれます。

ツリガネニンジン(釣鐘人参)

キキョウ科ツリガネニンジン属
日本全土のほか南千島、樺太の山野、高原などに普通に生える多年草です。
和名は釣り鐘状の花が咲き、大きな根を朝鮮人参に例えたところから。
秋の訪れと共に、鐘形の青紫色の花を下向きに咲かせます。

(撮影:2011年9月4日 光則寺)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除