2011 04月 30日

4月の花鎌倉ー光則寺(藤、ジュウニヒトエ)


4月最後の日、ゴールデンウィークの初日、遠出はせずにいつもの鎌倉通い。
光則寺~収玄寺~由比ガ浜~大巧寺、由比ガ浜を除けばいつものコースです。
松嶺院などアップが途中なのですが、今日撮影をした花たちを先に紹介をさせていただきます。

               *************


山門の右手前にある藤棚、紫と白が植えられています。
白藤、以前は暖簾のように花房が長かったそうですが、ここ数年は木が傷み、枯れてしまうのではないかという状態でした。
それでも、今年もたくさんの花房がつき、開花が楽しみです。
右の画像は昨年5月8日に撮ったものです。
今年は全体的に開花が遅いのですが、来週後半あたりには楽しめるのではないかと思います。



今はまだ鉢植えの「ジュウニヒトエ(十二単)」、ちょうど綺麗な状態で咲いていました♪
農道のふちやよく下刈りされた林の中に生えるシソ科キランソウ属の多年草です。
名の由来は、この花の重なって咲く姿を、宮中の礼装として着用した十二単(じゅうにひとえ)に見立てたところからきているそうです。
淡いピンクの花が何段も輪生している姿はとても愛らしく、深窓の令嬢、、、といった雰囲気です。

(撮影日:2011年4月30日)

寺社の境内などでも最近よく植えられている濃いブルーのは「セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)」です。

エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除