2011年4月26日 (Tue)

4月の花鎌倉ー円覚寺(オランダミミナグサ、キランソウ、レンギョウ) 


円覚寺の塔頭・白雲庵から松嶺院へ抜ける小道には様々な花が咲く、お気に入りの場所です。
ただ、線路側の斜面の大きな木を、かなりの規模で伐採・剪定をしたため、苔と共に小さな花が生えていた石塀は、日当たりが良すぎてしまい、ほとんど表面がカラカラに…
鎌倉でも野の花や草にとって、住みにくくなってきているような気がします。

                  ************

「オランダミミナグサ」  ナデシコ科ミミナグサ属
ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端や畑などに生える越年草です。
全体に灰黄色の毛が密生し、茎の先に白色の花を蜜に開きます。


「キランソウ」 シソ科キランソウ属
根生葉が地面に張り付くように広がっていることから「ジゴクノカマノフタ」という別名もあります。
道端や庭のすみ、山麓などに生える多年草です。
鎌倉でもあちらこちらで見つけることができます。


「レンギョウ」   モクセイ科
レンギョウは「連翹」「支那連翹」「朝鮮連翹」の三種があるそうですが、これはたぶん「支那連翹」ではないかと思います。



(撮影日:2011年4月2日)
2011-04-26 23:49 in 鎌倉 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201104262349.trackback