2011 04月 18日

大巧寺の椿ー黒椿、婆の木、オランダ紅


今年は他の花たち同様、椿も少し遅れての開花。
とは言っても、先月26日以来の訪問ですので、余計に咲き揃ったように感じたのかもしれません。
今日は、赤系の椿三種をご紹介します。


なかなか綺麗に咲いているのを撮れなかった「黒椿」
他の赤い椿と比べると、確かに黒っぽい赤です。
椿の図鑑には「全体に暗紅紫色の色素が多く、新根や枝のずいも紅紫色を呈し、冬期は葉に黒ずんだ斑紋が現れる」とありました。
蘂が気の向くままにあちらこちらに向いているのが、印象的です。


「オランダ紅(こう)」
紅地に白の斑入りの可愛い椿です。
花弁は中折れしてとがり、規則正しく重なって、端正な姿。
ちょっと撮りにくい所に咲いていたので、思ったように撮れず…


「婆(ばあ)の木」
ヤブ系だろうと思うのですが、藪椿より端正な姿。
蘂がうっすらピンクで、愛らしいです。
どうして「婆の木」という名がついたのでしょうね。






(撮影日:2011年4月17日)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除