2011年1月17日 (Mon)

光則寺のロウバイ 


光則寺さんにはたくさんのロウバイの木があります。
参道の両脇、境内のクジャクの飼育舎側、母屋側、土牢への石段脇、、、
1本1本数えたことはありませんが、多分小さいのも含めると20本以上あるのではないでしょうか。
そんな中から、先日撮ってきたのをご紹介します。
山門手前の左側の「素心蝋梅(そしんろうばい)」
昨年末に訪れた時にはまだ蕾でしたが、今回は甘い香りを漂わせ咲いていました。

これも「素心蝋梅」
境内山際の植え替えなどの作業小屋脇の斜面に生えている木。
よく見ると、外側の花弁が細長くてスマートです。
多分他ではまだ見たことが無いのではないかと思います。

こちらも「素心蝋梅」
ヒョウタンボクの木の側で陽に透ける花弁の輝きが大好きな一本。
結構大きな木なので、見上げての撮影です。

「蝋梅」
花弁の中心が赤褐色なのが「素心蝋梅」と「蝋梅」の見分けになります。
一般的な「蝋梅」に比べて、少し花弁の色が濃い目で丸っこい印象です。


(撮影日:2011年1月15日)

2011-01-17 22:20 in 鎌倉 | Comments (2) #
コメント

ロウバイ

こんにちは、
光則寺さんの境内に20数本のロウバイがあるのでしたら、
今の時期、歩いていたらあちこちからロウバイの良い香りが漂って
来るのでしょうね。
3枚目の写真のロウバイ、沢山の花数で見事ですね。
こんなに多く咲いているのを見るのは初めてです。

今日の写真は宝戒寺でのやっと見つけたもうちょっとで開きそうなしだれ梅です。
もう少し下がって小さく撮ればもっと可愛く撮れたのにと後悔しています。
10日位前なので今ごろは幾つもの花が咲き始めていることでしょうね。

by granma 2011/01/19 (Wed) 16:32:02

こんばんは。
3枚目の画像の蝋梅の木、結構大きいんです。
自由奔放に育って、多分5~6mはあるのではないかと(測ったわけではないのですが…)
逆光に透けた姿は、思わず見とれてしまうほど。
そのかわり、撮るのは毎年四苦八苦、なかなか上手く撮れません^^;

宝戒寺さんの枝垂れ梅、ぷっくりしていて可愛いですね~。
月曜日に行った時もまだまだ数輪程度でした。
福寿草もやっと芽を出したところ。
ここは比較的のんびり屋さんの花たちです。

by ハム次郎 2011/01/19 (Wed) 23:34:34














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201101172220.trackback