2011年1月14日 (Fri)

大巧寺の椿、蝋梅 


昨年末の画像が続いて恐縮ですが、もう少しお付き合いください。

鎌倉駅に降りると、ちょっと寄りたい大巧寺。
前のご住職の奥様(昨年亡くなられてしまったのですが)が丹精込められた境内の草花や花木(特に椿の種類はかなりのものです)、珍しい草花も植えられていましたので、花撮りには絶好のお寺です。

12月26日に寄ったときは、参道脇の椿はまだ固い蕾でしたが、
私のお気に入りの「桃雀」、駐車場脇には品種は不明ですが侘助椿や黒っぽい椿が咲いていました。


「桃雀(ももすずめ)」
まだ開ききってはいませんが、可愛いでしょう~(^^♪
一重の猪口咲き、色は極淡桃色ですが、これは少し白っぽい感じ。








札が付いていないので品種は不明ですが、黒っぽい方は多分「紺(こん)侘助」ではないかと…。
そして、ピンクの方は「太郎冠者(たろうかじゃ)」かな?
*****************
椿の図鑑の解説には…
「紺侘助」は花色の暗紅~黒紅色なのを“紺”に、小形の花をワビスケにたとえた名で、ワビスケの品種ではなくヤブツバキ系の品種…と書いてありました。
*****************


「蝋梅」
あまり大きな木ではありませんが、たくさんの花と蕾がついていました。
植えられている場所が陽の具合では撮りにくいのですが、ちょうどいい位置に丸っこいかわいいのがひとつ。。

                           (撮影日:2010年12月26日)

2011-01-14 20:50 in 鎌倉 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201101142050.trackback