2010年11月13日 (Sat)

鎌倉・光則寺の秋の花ーキツリフネ、ミコシグサ 


 「キツリフネ」 
 ツリフネソウ科ツリフネソウ属

山地の湿り気のあるところに生える一年草です。
花期は6~9月と夏の花ですが、母屋のお庭に残り花が咲いていたので、撮らせていただきました。


“ツリフネソウ科”は以前は“ホウセンカ科”と呼ばれていたそうです。
熟した果実にさわると、果皮が急にはじけて種子をはじきとばすのが特徴です。


 「ミコシグサ(神輿草)」 
   フウロソウ科フウロソウ属

“ミコシグサ”というのは“ゲンノショウコ”の別名です。
果実の裂開した形が神輿(みこし)の屋根に似ていることから付いた名前です。


左の画像、とんがり帽子の下の丸い果実が熟すと、ぴょんと弾け中の種子を飛ばすのだそうです。
その瞬間を目撃したことはないのですが…草はいろいろな方法で次の世代を残していくのですね。

                            (撮影日:2010年11月6日)

2010-11-13 21:57 in 鎌倉 | Comments (2) #
コメント

キツリフネ

一昨年の9月初めに客殿の前辺りに咲いていたのを
撮ったことがあるのですがまだキツリフネが咲き残っていたのですね。
ミコシグサ今回は見つけられて、綺麗にとっていらっしゃいますね。
今日の長谷は大変だったようですが、来週辺りは静かに
なっているでしょうね。
都内の紅葉も少しずつ始まっていますが鎌倉はどうでしょうか?
25日頃から近くの紅葉の名所にチョコチョコ行ってみようかなと思っています。
ペッタンしたのまだ緑の入っている色づいたモミジです。

by granma 2010/11/14 (Sun) 20:56:49

モミジ

緑からオレンジへのグラデーションが綺麗ですね。
真っ赤もいいですが、そこはかとした彩り、、、私は好きです。

光則寺さんのキツリフネ、ヤマアジサイの撮影に夢中になっていたころ、すでにクジャク小屋の横で咲き始めていましたから、
花の時期は長いですね。

>今日の長谷は大変だったようですが、、、

観光客よりも警備の方のほうが多かったのではないでしょうか。
今週は鎌倉を諦めて、自宅から歩いて行ける「瀬上市民の森」へ久しぶりに行ってきました。
山は少しずつ色づき始めていますが、モミジはまだまだ。。
桜や辛夷、ニシキギなどが綺麗でした。

>25日頃から近くの紅葉の名所に、、、

お近くにいい所があっていいですね~
古河庭園の池の畔のモミジが見ごろ…とニュースで言っていましたが、鎌倉より東京の方が早いのですね。

今日撮ってきた瀬上の「池の下広場」をペッタンさせていただきますね。
とってもローカルな場所ですが、春には辛夷や桜が咲き見事なんですよ(^^)

by ハム次郎 2010/11/14 (Sun) 22:05:39














数字を入力してください→  


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201011132157.trackback