2010年11月9日 (Tue)

鎌倉・光則寺の秋の花ーキチジョウソウ、フジバカマ 


今日は朝から強い風。
ちょうどいい色になってきた桜や欅の葉が、風に吹き飛ばされ、あっという間に落ち葉の絨毯になりました。
もう少し色付きを楽しみたかったけれど、落ち葉を踏む音も秋の楽しみです。

                *****************

 客殿前のもみじ、少し黄色になってきました。
裏山には大きなもみじの木がありますが、赤く色づくのはまだまだ先です。 

 「キチジョウソウ(吉祥草)」

ユリ科キチジョウソウ属
山地のやや湿り気のある日陰に群生する多年草です。
この花が咲くと吉事があるという言い伝えから吉祥草(キチジョウソウ)の名が付いたそうです。
山門左手の山の斜面に群生しています。

時々植木屋さんが入って、刈られてしまうこともありますが、
翌年にはちゃんと生え、花を咲かせてくれます。

花茎は8~13㎝、淡紅色の花はやや肉厚で長さ8~10㎜、長めの葉に守られるように咲いているので、うっかり見逃してしまいそうです。
右の画に写っている紫紅色の球形は、実です。


 「フジバカマ(藤袴)」 キク科フジバカマ属

川岸の土手などに生える1~2mの多年草です。
中国原産で、日本へは奈良時代に渡来したと言われているそうです。
秋の七草のひとつで、乾燥すると香気があるそうですが、
いつも撮るのに夢中で、匂いを確認し忘れてしまいます。

この花には渡りをする蝶「アサギマダラ」が蜜を吸いに飛んできます。
ひらひらと華麗に舞い、フジバカマの花にとまる様子も、この時期の楽しみです。

                         (撮影日:2010年11月6日)

2010-11-09 20:10 in 鎌倉 | Comments (2) #
コメント

光則寺の秋の花

いよいよ光則寺さんの秋の花をアップですね。
「キチジョウソウ」の紫紅色の球、気付きませんでした。
この場所でなく境内の客殿の向かい側で撮ったからでしょうね。

フジバカマの香り、顔をかなり近づけないと匂いが感じられないのですよ。
本当に上品な高貴な香りです。お友達に頂いて家にあるので
時々匂いをかいで癒されています。
是非今度撮る時は忘れないで下さいね。

ペッタンしたのは紅葉の下見に行った馬事公苑で見つけた
アジサイの葉の紅葉ではなく紫葉。

by granma 2010/11/09 (Tue) 22:57:50

紫陽花の葉っぱも

紅葉するのですよね♪
ずいぶん前、少し写真を撮り始めたころに、
箱根・強羅公園で、granmaさんがぺったんしてくださったのと同じように色付いた紫陽花の葉を見つけ、感動したのが懐かしいです。

先日は、山アジサイ「紅冠雪」の秋の葉を撮ってきましたので、明日アップしますね。

光則寺さんのアップ、早くしないと時期遅れになってしまうので…
収玄寺さんのもありますしね(^^ゞ

キチジョウソウ、左のは多分granmaさんが撮られた場所と同じ、母屋から少し土牢の道を行ったところ、夏椿の樹の根元あたりのです。
右の画像、実と一緒のは山門左の山の斜面、山吹とショカッサイが咲くところのです。
きっと実はこれからたくさん付くと思いますので、ぜひ!

フジバカマの香り、いつも「しまったぁ」と帰ってきてから思うのですが、後悔先に立たず、、、撮るのに夢中になってしまうのが常です。

by ハム次郎 2010/11/10 (Wed) 00:45:31














数字を入力してください→  


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201011092010.trackback