2010年11月5日 (Fri)

北鎌倉、円覚寺・龍隠庵の秋の花 


円覚寺の塔頭のひとつ「龍隠庵」は松嶺院の墓地の隣り、
境内からは円覚寺の仏殿・三門・遷仏場などを見下ろせる場所にあります。
境内にはいろいろな花が植えられていて、
円覚寺に行ったときには必ず立ち寄る、お気に入りの場所です。

 「ヤブマメ」 マメ科
日当たりの良い乾いたところや、やや日陰にも生えるつる性の一年草です。
花は淡紫色で長さ1.5~2㎝くらい、豆果は長さ2~3㎝です。
毎年この場所でつるを這わせ、花を咲かせています。


 「ジョウロウホトトギス(上臈杜鵑草)」
日本産のホトトギスの中の一種です。
急な崖などに生え草丈1mにもなるそうですが、絶滅寸前の状況になっているそうです。
黄色の釣鐘型の黄色の花がお行儀よく並んでいる様は、見事です。
この場所に生えることは知っていたのですが、咲き始めの状態を見たのは初めてでした♪
                        (撮影日:2010年10月16日)
2010-11-05 23:07 in 鎌倉 | Comments (0) #
コメント














数字を入力してください→  


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a201011052307.trackback