2009年4月15日 (Wed)

光則寺から亀ヶ谷切り通しへ(1) 


昨日からの雨が上がり、今朝の空気は爽やかで気持ちのいい一日でした。
桜の花に気をとられているうちに、いつの間にか街路樹の欅の枝先は新緑に。

先週の土曜日、青軸のヒトリシズカとコケリンドウを撮りに光則寺へ、その後、海蔵寺~亀ヶ谷切り通しを抜け北鎌倉までデジ散歩。
一日に4枚ずつですが、ご紹介したいと思います。

まずは光則寺から…
「コアジサイ」の蕾
光則寺ではヤマアジサイに小さな蕾が付き始め、冬越しの場所から少しずつ境内へと移動がはじまっていました。
紫陽花の季節へと向っています。

「コケリンドウ」
リンドウ科の2年草。花の径は5ミリほどの小さな小さな花です。
目を凝らして探さないと、見落としてしまいます。

「ユキザサ」
ユリ科
名前の由来は、6弁の白い花を円錐状につけ、それを“白雪”にたとえ、葉が笹の葉に似ているところからきているそうです。
秋には赤い実を付けますが、有毒だそうです。

「青軸ヒトリシズカ」
ヒトリシズカは茎の色が紫褐色ですが、この青軸ヒトリシズカは茎が緑です。
ただ、この画像では、茎の部分がしっかり撮れていないので、わかりにくいかもしれません。
昨年、光則寺にお嫁入りした新人。
今年、芽を出してくれるかハラハラドキドキ。
先々週は雑草の芽かとちょっと諦めモードだったのですが、なんと雑草に見えた芽は青軸ヒトリシズカの芽で、1週間で見事に開花。
植物の生命力にびっくり!です。
2009-04-15 23:30 in 鎌倉 | Comments (0) #
コメント














数字を入力してください→  


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a200904152330.trackback