2008年5月8日 (Thu)

大巧寺の紫蘭(シラン) 


大巧寺には三種類の紫蘭が咲いていました
それぞれ住み分けをしているかのように、少し離れた所で、、、

日本原産の紫蘭、名前に「蘭」付いているとおり「ラン科」の花です
ネット検索をしたところ、別名「白及(ビャクギュウ)」といい、球茎は 止血・あかぎれ・ひびに薬効がある…と書かれていました
2008-05-08 00:08 in 鎌倉 | Comments (4) #
コメント

三種類のシラン

こんにちは。三種類のうち紫は家にあり、白は近くのお寿司屋の
入り口脇で見ていますが、先端が薄紫のシランは見たことが
ありません。
真っ白なシラン、楚々としていますし、先が薄紫は優しい感じですね。
我が家のシラン、昨日撮ろうと思ったものの風が強くて
諦めてしまいました。
大巧寺、今の季節、色々な花が競い合って咲いているのでしょうね。

by granma 2008/05/08 (Thu) 11:15:25

紫のシランは今を盛りとあちらこちらで見ることができますが、白は今まであまり見かけませんでした
先日の大巧寺でも先が薄いピンクのものを白花と思い、撮っていたのですが、本堂前の八重のドクダミの横に真っ白なシランが植えてあることに気付き、感激♪
デジカメを始めていなかったら、きっとそのまま見過ごしていたかもしれません
思いがけない花たちとの出会いもデジカメと花繋がりのみなさんのお陰ですね(*^_^*)

by ハム次郎 2008/05/08 (Thu) 22:39:05

この花は紫蘭って言うのですか
それが私の庭先にも沢山咲いていて何て名前の花なんだろうと
思ってたところなんです。
この花なぁに?
「知らん」でOKですね(笑)

by なつ 2008/05/10 (Sat) 20:30:10

OK!です(^^)v

鎌倉に限らずいたるところで見かける花ですが、意外に名前をご存じない方も・・・
先日、大巧寺の境内で「この花、うちの庭にも咲いているんだけれど、なんていう名前なのか知らないのよね~」とお仲間と話している方がいました
それを聞きながら、「シランという名前ですよ」と言いたかったのですが^^;

by ハム次郎 2008/05/10 (Sat) 21:02:43














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c2/a200805080008.trackback