2011年12月23日 (Fri)

ご報告


今日は空気が痛いほど、冷たい一日でした。
明日のイブは雪…ではなさそうですが、最低気温は0度の予報。
関東地方を除いては雪が降るそうですので、どうぞ風邪などひかれませんように(^^)
         ***************************************
さて、blogの引越しですが、なんとか完了しました。
とは言っても、今までの記事を移動させたわけではなく、単にOCNのblog人で新規に始めたということなんですが…
これからも Sometime Somewhere をよろしくお願いいたします。

新しいURLは↓です。
http://hamujiro.no-blog.jp/blog/
まだレイアウトが上手くいかず四苦八苦状態で、慣れるまでしばらくかかりそうです(^^ゞ


2011-12-23 22:01 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年12月19日 (Mon)

お知らせ


このblogは画像容量が100MBで現在95%になっています。
容量を超えると古い記事から削除をされてしまうため、以前より検討をしていたOCNのほうに引越しをしようと思っています。
切り替えのために数日かかるかもしれませんが、待っていてくださいね(^^)
よろしくお願いいたします。


2011-12-19 22:03 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年12月12日 (Mon)

オキナワスズメウリ(沖縄雀瓜)


昨日はお昼前から北鎌倉・東慶寺へ行ってきました。
鎌倉街道から東慶寺に入ると、山門越しに宝蔵奥の銀杏の黄色が輝いて見えました。





          **************************************
今日は12月3日に撮影をした分の最後「オキナワスズメウリ」をご紹介します。

緑、赤、茶に色づいた直径2.5cmほどのかわいい果実がぶら下がっていました。
いつも長谷観音のバス停近くのフェンスに絡み付いているのを楽しみに撮っていたのですが、今年は9月に花を撮った後刈り取られてしまい、残念に思っていました。
でも、近所のお宅のフェンスにたくさんの実がぶら下がっていました♪


9月4日に長谷で撮った「オキナワスズメウリ」の花です。
雌雄同株で、葉の付け根に数個の花をつけます。
雌花は花弁の数が6枚、雄花は5枚ですので、花弁の数で見分けることができます。
花の直径は1cm弱、花弁には少し固めの毛が生えています。
雌花…左の画像  /  雄花…右の画像
2011-12-12 21:27 in 花・風景 | Comments (2) #

2011年12月11日 (Sun)

彩り


近所の団地の彩りをご紹介します。
「ニシキギ」も真っ赤になっています。



「ムラサキシキブ」は黄色に。









(2011年12月3日  自宅近く)

2011-12-11 21:42 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年12月10日 (Sat)

ハマヒサカキ(浜柃)


今日は久しぶりに鎌倉へ。。
目的は報国寺の大銀杏と、朝比奈の切り通しの紅葉と野草♪
それなりに楽しむことができました。
今日撮ったものは、後日ご紹介したいと思います。
      **********************************************
ご近所の団地のなかにある公園の紅葉が特に今年は綺麗で、モミジ・メタセコイヤ・ニシキギ・ドウダンツツジなどの色のグラデーションは最高でした。
その彩りの足元でひそやかに咲いていた「ハマヒサカキ(浜柃)」、本来海岸などに自生をするのだそうです。
乾燥に強いのではないかということから緑地帯や道路の植栽などに多く使われたそうですが、今まで目にしたことはありませんでした。
ツバキ科ヒサカキ属の常緑低木で、雌雄異株です。
雄株に咲く雄花です。
花弁の直径は5mm弱しかありませんが、枝にびっしりと付いています。

雌花は2mm程度と雄花より小さくて、肉眼では花だと気付かないほどです。
雌株には今年の雌花と、昨年の花が一年かけて果実になったものが一緒に付きます。



(2011年12月3日  自宅近く)
2011-12-10 00:47 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年12月9日 (Fri)

ノササゲ(野豇豆)


先週土曜日に近所で撮った花や実を4日間でご紹介します。
まずは近くの公園に生えていたノササゲを。。
花は2年前に撮っていたのですが、実は撮り逃していました。
今回は繁茂していた雑草が刈られていたため、はじけた実を見つけることができました。

「ノササゲ(野豇豆)」  マメ科ノササゲ属で、つる性の多年草です。
8~9月に黄色の花をつけ、豆果は2~5cmで熟すと紫色になり、中には3~5個の種子が入っています。
種子は黒紫色と図鑑には書いてありますが、撮影をしたものは、瑠璃色に黒い模様が入っていて、不思議でかわいい雰囲気でした。

公園入り口に生えている「ムラサキシキブ(紫式部)」、今年はたくさんの実をつけていました。
この公園はこの街を開発するときに、山の一部を公園として残したところで、センニソウやカラマツソウ、オカタツナミソウ、また今年は見られなかったもののキンランも生えている、“うれし楽し”場所です(^^)♪

(2011年12月3日  自宅近く     ノササゲの花…2009年9月12日)

2011-12-09 23:31 in 花・風景 | Comments (0) #

2011年11月20日 (Sun)

タチジャコウソウ(立麝香草)、ノコンギク(野紺菊)、ダルマギク(達磨菊)


昨日の風雨で歩道は落ち葉の絨毯。。
自宅から駅への道は晩秋になると欅の黄葉が綺麗なのですが、今年は楽しむ間もなく散ってしまいました。
      *******************************************

車道と人家の間の狭いスペースに、ピンクのヒメツルソバと白いタチジャコウソウがびっしりと生えていました。
どちらも乾燥に強い花、少しずつ居場所を広げつつあり、石垣の隙間でも可愛い花を咲かせていました。
「タチジャコウソウ(立麝香草)」 別名:コモンタイム  
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、料理用ハーブの代表格で魚介料理などに使われます。

プランターに植えられ、名札が立ててあった「ノコンギク(野紺菊)」、鮮やかな紫色がとても綺麗でした。
道ばたなどに生えている淡紫色のに比べると、はるかに花弁の色が濃い印象ですので、園芸種なのかもしれませんね。

散歩途中のお宅の石垣に生えていた白い菊、ネットでいろいろ調べた結果「ダルマギク(達磨菊)」ではないかと。。
ただ、自生種は本州、九州の日本海側の海岸の崖に生え、花色は淡紫色ですので、前出のノコンギクと同じく園芸種なのかもしれません。

(2011年11月5日  自宅付近)

2011-11-20 21:10 in 花・風景 | Comments (0) #

Page 1/15: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »