2011 12月 10日

ハマヒサカキ(浜柃)


今日は久しぶりに鎌倉へ。。
目的は報国寺の大銀杏と、朝比奈の切り通しの紅葉と野草♪
それなりに楽しむことができました。
今日撮ったものは、後日ご紹介したいと思います。
      **********************************************
ご近所の団地のなかにある公園の紅葉が特に今年は綺麗で、モミジ・メタセコイヤ・ニシキギ・ドウダンツツジなどの色のグラデーションは最高でした。
その彩りの足元でひそやかに咲いていた「ハマヒサカキ(浜柃)」、本来海岸などに自生をするのだそうです。
乾燥に強いのではないかということから緑地帯や道路の植栽などに多く使われたそうですが、今まで目にしたことはありませんでした。
ツバキ科ヒサカキ属の常緑低木で、雌雄異株です。
雄株に咲く雄花です。
花弁の直径は5mm弱しかありませんが、枝にびっしりと付いています。

雌花は2mm程度と雄花より小さくて、肉眼では花だと気付かないほどです。
雌株には今年の雌花と、昨年の花が一年かけて果実になったものが一緒に付きます。



(2011年12月3日  自宅近く)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除