2011 11月 20日

タチジャコウソウ(立麝香草)、ノコンギク(野紺菊)、ダルマギク(達磨菊)


昨日の風雨で歩道は落ち葉の絨毯。。
自宅から駅への道は晩秋になると欅の黄葉が綺麗なのですが、今年は楽しむ間もなく散ってしまいました。
      *******************************************

車道と人家の間の狭いスペースに、ピンクのヒメツルソバと白いタチジャコウソウがびっしりと生えていました。
どちらも乾燥に強い花、少しずつ居場所を広げつつあり、石垣の隙間でも可愛い花を咲かせていました。
「タチジャコウソウ(立麝香草)」 別名:コモンタイム  
シソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、料理用ハーブの代表格で魚介料理などに使われます。

プランターに植えられ、名札が立ててあった「ノコンギク(野紺菊)」、鮮やかな紫色がとても綺麗でした。
道ばたなどに生えている淡紫色のに比べると、はるかに花弁の色が濃い印象ですので、園芸種なのかもしれませんね。

散歩途中のお宅の石垣に生えていた白い菊、ネットでいろいろ調べた結果「ダルマギク(達磨菊)」ではないかと。。
ただ、自生種は本州、九州の日本海側の海岸の崖に生え、花色は淡紫色ですので、前出のノコンギクと同じく園芸種なのかもしれません。

(2011年11月5日  自宅付近)

エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除