2011 10月 19日

エゴマ(荏胡麻)


小川沿いの散策路脇に元気いっぱい、栄養満点風のシソが生えている…と思ったのですが、葉にはシソ独特のあの香りがほとんど無く、帰宅をして調べてみたところシソ科シソ属の「エゴマ(荏胡麻)」だと言うことがわかりました。


 「エゴマ(荏胡麻)」  シソ科シソ属
東南アジア原産の1年草です(帰化植物)
果実から絞った油“荏油(えあぶら)”をとるために日本でも栽培をしていますが、野生化もしているそうです。
先日、鎌倉・覚園寺の駐車場でも栽培をしているのかと思うほどたくさん生えているのを見ました。
案外いろいろな所で見ることができるのかもしれません。

(撮影:2011年10月8日 横浜・市民の森)

エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除