2011年10月18日 (Tue)

コシロネ(小白根)、イヌトウバナ(犬塔花) 


あまりにも小さな花で、許せる範囲のピントで撮れたのが一枚ずつという情けない状態でしたが、シソ科の花を2種をご紹介します。

 「コシロネ(小白根)」  シソ科シロネ属
別名:サルダヒコ・イヌシロネ
湿地に生える高さ15~60㎝の多年草です。茎はあまり枝分かれせず、直立します。葉の付け根に長さ約3mmの白色でやや平たい唇形花を密につけます。


 「イヌトウバナ(犬塔花)」  シソ科トウバナ属
山地の木陰に生える20~50cmの多年草です。葉は薄く、鋸歯があり、両面にまばらに毛が生えています。枝先の花穂に白色でやや淡紫色を帯びた唇形花をつけます。花冠は長さ5~6mmと、とても小さくて可愛いです。


(撮影:2011年10月8日  横浜・市民の森)



2011-10-18 22:04 in 花・風景 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c1/a201110182204.trackback