2011 10月 17日

タカサブロウ(高三郎)、シロノセンダングサ(白の栴檀草)



「タカサブロウ(高三郎)」 キク科タカサブロウ属

やや湿り気のある道ばたなどに生える高さ20~70cmの1年草です。
茎や葉には剛毛があって、さわるとざらざらしています。頭花は直径約1cm、まわりに白色の舌状花が2列に並び、内側に緑白色の筒状花がつきます。
右の画像のは虫にでも食べられてしまったのでしょうか、舌状花がまばらです。

市民の森のは水田と木道との隙間に生えていて、木道から身をかがめて撮らないとならないほど小さな株でした。また、円覚寺参道脇の疎水に生えているのは一株が大きく、花も実もいっぱい付いていました。生える場所でずいぶん差があるんですね。


「シロノセンダングサ(白の栴檀草)」 キク科センダングサ属
別名:シロバナセンダングサ、コシロノセンダングサ

コセンダングサの変種で、世界の熱帯から暖帯に広く分布しています。
日本には幕末に渡来したといわれ、近年暖地をを中心に急に多くなってきているそうです。
全体の姿はコセンダングサにそっくりですが、頭花には5~7㎜の白色の舌状花が4~7個あります。
画像のは2cm近くある大きな舌状花でしたので、「シロノセンダングサ」と決め付けて良いものかどうか…ちょっと不安です。(もし違っていましたら、教えていただけるとうれしいです)
市民の森の散策路脇では、この1株を見ただけです。

(撮影:2011年10月8日  横浜・市民の森)

エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除