2011 10月 14日

ハナタデ(花蓼)、ボントクタデ(ぼんとく蓼)


ミゾソバと同じタデ科タデ属です。
タデ科タデ属の仲間はたくさんあるので、名前を調べるのが一苦労ですが、それもまた楽しかったりも…(^^)
小さな花は肉眼では細部までは見ることができませんが、パソコン画面で見ることのできる花はガラス細工のように繊細で可憐です。


「ハナタデ(花蓼)」  別名:ヤブタデ
山野の林内や林縁のやや湿ったところに多い高さ30~60cmの1年草です。
花序は細長くのび、紅色~淡紅色の小さな花をつけます。
ただ、ハナタデは葉の幅や花序の長さなどに変化が多く、花の色も濃淡があります。また花がイヌタデのように密ににつくものもあるそうです。


「ボントクタデ(ぼんとく蓼)」
水辺に生える高さ0.7~1mの多年草です。
花序は長さ5~10cmで先は垂れ、淡紅色の花をまばらにつけます。
名の由来は、香辛料に使われるヤナギタデによく似ていますが、辛みがなく、役に立たない(=ぼんとく)タデというところからつけられたそうです。

(撮影:2011年10月8日  横浜・市民の森)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除