2011 10月 12日

イボクサ(疣草)


「イボクサ(疣草)」 ツユクサ科イボクサ属
湿地に生える高さ20~30cmの一年草です。
花が開いていなければ、ちょっと見にはツユクサと思って見逃してしまいそうです。
「疣草」という名は、葉の汁をつけると疣(いぼ)が取れるといわれることによるそうですが、可愛い花だけにちょっとかわいそう…かな。

茎は赤みを帯びていて、下部は枝分かれしながら地を這います。
葉腋(ようえき)に直径1.3cmほどの淡紅色の花がふつう1個つき、1日でしぼみます。


長くて葯(やく)が青紫色のが完全雄しべ、短くて葯が淡紫色のは仮雄しべだそうです。
また、花糸には、ムラサキツユクサなどにもみられる白い毛があります。

(撮影:2011年10月8日 横浜・市民の森)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除