2011 10月 10日

ミゾソバ(溝蕎麦)


驚くほどたくさんのミゾソバの群落、直径は3mm程度の小さな花ですが、これだけ集まっていると見ごたえ十分です。





図鑑には“花被は長さ7mmで5裂し、裂片の上部は紅紫色、下部は白色”と書かれていますが、花被の色は白からパールピンクまで変化に富んでいました。
2日に分けて、その変化をご紹介したいと思います。

蕾の状態も純白、ほんとに綺麗です

蕾の状態の上部は淡いピンクですが、開いたものはほとんど白です。





(撮影:2011年10月8日 横浜・市民の森)

エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除