2011 10月 04日

ミヤマアキノキリンソウ・ミヤマリンドウ・オンタデ


7回にわたってご紹介してきた草津・本白根の花や実、今日の弓池の花で最後になります。
本白根のハイキングコース、夏の花の時期には様々な高山植物の宝庫です。
今回歩いたのは6.5㎞、所要時間は約2時間で13000歩でした。
夏山リフト(7.8月に運行)を使えば、今回ちょっとハードだったと感じた部分をショートカットできますし、展望場所から来た道を引き返せば意外に楽かもしれません。
      ***************
では、弓池の周りで咲いていた花をご紹介します。
「ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)」 キク科
高山の日の当たる乾燥地に見られる、アキノキリンソウの高山型です。
草丈30cmほどで、茎は硬く直立します。


「オヤマリンドウ(御山竜胆)」  リンドウ科
亜高山から高山の日当たりがよく、やや湿り気のある草地に生える多年草です。
茎は20~50cmで、枝分かれはせず、茎の頂きまたは上部の葉の基部に1~7個の花をつけ、晴れたときにも花は平らに開かないそうです。

「オンタデ(御蓼)」 タデ科 
本州中部以北の亜高山~高山にかけて生育する多年草です。
木曾の御嶽山で最初に発見されたことからこの名がついたそうです。
雌雄異株ですが、画像のは既に実になっているので、雌株ということになりますね。

(撮影:2011年9月26日  白根山・弓池)
        ***************
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました(^^)
予定通り来年の夏に再訪できた折には、色とりどりの花たちをご紹介したいと思っています。
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除