2011年10月2日 (Sun)

マイヅルソウ・コケモモ・ツルリンドウ 


から釜の縁を巡りハイマツの間を抜け、ダケカンバの林を下って行くと、右手に鏡池。
ハイキングコースから見下ろすと、湖底に亀甲模様と言われている模様を見ることができます。

「マイヅルソウ(舞鶴草)」の実  ユリ科
山地の上部から高山までの林内や草原に生え、草丈10~20cm。
名は葉の脈の曲がり方をツルの羽を広げた形に見立てたそうです。
花の時期は5月下旬から7月中旬で、茎の先に約10個ほどの小さな花をつけます。
鎌倉の寺社でも植えてあるところがあり、可愛らしい白い花を見ることができます。

「コケモモ(苔桃)」 ツツジ科
亜高山から高山の日の当たる裸地、草地、岩の多いところ、湿地に生える常緑の小低木です。
高さは5~20cmで、前年の枝先に白色~紅紫色で、つりがね形の花を2~6個下向きにつけます。
赤く熟した実は食べられ、ジャムなどに♪

「ツルリンドウ(蔓竜胆)」の実  リンドウ科
山地の林内などに生えるつる性の多年草です。
地上をはい、長さ30~80cmになります。
花の時期は8月上旬から9月下旬、葉の付け根に淡紫色の数個の花を咲かせます。

(撮影:2011年9月26日 草津・本白根)

2011-10-02 22:04 in 花・風景 | Comments (2) #
コメント

高山植物の実

私も先日「ツルリンドウ」の実を見ました。
花を見ていたのではと私のブログを検索したら
数年前に志賀高原で見ていました。
ハム次郎さんがアップしていらっしゃる色々な実
私も見ていて、花はどんなだったかしら?と
自分のブログで花を探して今ごろ又楽しんでいます。

本白根ハイキングコース、良い所ですね。
来年夏か秋に行きたくなりましたけれど
登り始めがちょっとハードと書いていらして
以前より体力が弱ってきた主人が登るのには
ちょっと無理かなぁ~と・・・

by granma 2011/10/03 (Mon) 09:28:26

ツルリンドウの花、可愛いんですよね~
まだ私は見たことがなくて…
granmaさんのところで拝見♪♪

本当は実と花をセットでご紹介できればいいのですけれど、古い画像は外付けハードディスクに移動をしてしまっていて、探す時間がありませんでした(^^ゞ
でも、来年行く楽しみができましたので、、♪♪♪

>ちょっと無理かなぁ~と・・

7・8月でしたら夏山リフトを利用すれば、ちょっとハードな部分をショートカットできますし、
コマクサの群生地がある、から釜の展望場所から来た道を戻ればそれほど大変ではないかもしれません。
そのコースには、マイヅルソウ・ミツバオウレン・シラタマノキ・イワカガミ・ゴゼンタチバナなどの高山植物を見ることができますから、かなり楽しめるのではないかと(^^)♪

来年の話しをすると鬼が笑う、、、と言いますが、笑われたって来年は行くのだ!と思っています(笑)

by ハム次郎 2011/10/03 (Mon) 19:59:05














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/120508/blog/blog.cgi/c1/a201110022204.trackback