2011 05月 21日

高尾・日影沢の花(ヤマルリソウ・クワガタソウ・トウゴクサバノオ)


今回の日影沢での一番の収穫は、ヤマルリソウです。
いままで見たことのない花で、出会う機会をずっと楽しみにしていました。
山道脇の足元に小さな2株だけ。。
数組のハイキング・グループは気付かずに行き過ぎていきました。

                  ***************

「ヤマルリソウ(山瑠璃草)」  ムラサキ科ルリソウ属の多年草です。
同じムラサキ科にはハナイバナやワスレナグサ、キュウリグサがあります。
山地の木陰や道ばたに生え草丈7~20㌢になるそうですが、見つけた株は5㌢に満たないほど小さなものでした。
花は1㌢ほどの淡青紫色ですが、青系と紅系の色の出方で、ピンク色や白に近いものもあるようです。
中心の王冠のように見えるのは、雌しべの柱頭。
雄しべは5本、花筒の中に隠れているのだそうですが、確認はできませんでした。
来年は、たくさんの花を咲かせているといいなぁ(^^)


 
「クワガタソウ(鍬形草)」
           ゴマノハグサ科クワガタソウ属

山地の沢沿いなどのやや湿気のあるところに生える多年草で、同じクワガタソウ属には、ヨーロッパ原産・帰化植物のオオイヌノフグリがあります。
「鍬形草」の和名は、扇形のさく果につく萼の形が、兜の鍬形に似ているところからつけられたそうです。


 
「トゴウサバノオ(東国鯖の尾)」 キンポウゲ科シロカネソウ属

山地のやや湿ったところに生える多年草です。
花は6~8㍉で全開せず、淡黄緑色でやや下向きに咲きます。
花茎が長ければ、ヒメウズと間違えてしまいそうです。

和名の「東国鯖の尾」は東国(関東地方)に多く、果実の形がサバの尾にたとえたものだそうです。
画像の左上に写っているのが果実で、なるほど魚の尾に見えるような…
昨年、栃木のイワウチワの群生地の山道で、果実がまだついていないのを初めて見つけ、なまえの由来の果実をいつかみたいなぁと思っていたのですが、思わぬところで見ることができました♪

(撮影日:2011年5月8日)
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除