2011 04月 15日

荒井沢市民の森


横浜市の南西部に位置しており、鎌倉市と境を接している栄区。
以前は近郊農業が盛んな場所で近郊農業が盛んだったそうです。
その後、宅地造成が進み、横浜や東京のベットタウンとして開発され続けています。
その鎌倉市と背中合わせに位置している荒井沢市民の森には、昔の風景と自然が残っています。

横浜のグランドキャニオンと呼ばれている断崖の上には、満開の桜の木


後ろは鎌倉カントリークラブのコースが広がっているとは思えない長閑な風景です

ふきのとうも元気です




(撮影日:2011年4月11日)

エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除