2011年9月30日 (Fri)

シラタマノキ(白玉の木)



ダケカンバの林を抜けると目の前にはから釜と、から釜に沿った登山道が広がっていました。
標高は約2100m、ハイマツと道脇の斜面には高山植物の女王といわれるコマクサの群生地が点々と…
花の時期の景色を想像するだけで、ワクワクしてしまいました。きっと見事でしょうね♪



「シラタマノキ(白玉の木)」  ツツジ科シラタマ属
高山の日当たりの良い岩石地などに群生する常緑の小低木です。
6~7月、茎の上部の葉の脇や枝先から総状花序をだし、つぼ形の白い花をつけます。
和名の「白玉の木」は、果実が白色で球形をしていることによるそうです。
画像はまさにその果実の白玉です。

(撮影:2011年9月26日 草津・本白根)
2011-09-30 22:33 in 花・風景 | Comments (0) #