2011年9月18日 (Sun)

ヤブラン(藪蘭)、ノシラン(熨斗蘭)



「ヤブラン(藪蘭)」
山地の木陰に生えるユリ科ヤブラン属の多年草です。
鎌倉では、あちらこちらの寺社や道ばたで見ることができますが、意外に花が可愛らしいことに気付く人は少ないかもしれません。
名の由来は、やぶに生え、葉が蘭の葉に似ていることからだそうです。
花茎は高さ30~50cmになり、8~12cmの花序に淡紫色の小さな花をたくさんつけます。
果実は6~7mmで紫黒色に熟します。


「ノシラン(熨斗蘭)」
海岸近くの林のなかに生える、ユリ科ジャノヒゲ属の多年草です。
大巧寺では山門手前の石垣の間から生え、花を咲かせていました。
花序は7~10cmあり、6mmほどの白色または淡紫色の花を密につけます。
種子は濃い青色に熟します。

ヤブランは花茎をすっくと立ち上げているのにくらべ、ノシランはなんとなくうなだれているように見えます。
でも、どちらの花もガラス細工のようできれいです。

(撮影:2011年9月4~11日 大巧寺、東慶寺、長谷界隈)
2011-09-18 21:15 in 鎌倉 | Comments (0) #