2011年9月15日 (Thu)

シュウメイギク(秋明菊)、オトコエシ(男郎花)、フヨウ(芙蓉)



「シュウメイギク(秋明菊)」 別名:貴船菊(キブネギク)
名前や花姿から“キク科”と思ってしまいますが、キンポウゲ科の多年草です。
別名の「貴船菊」というのは、京都の貴船地方でさかんに栽培されていたところから付けられた名だそうです。
花びらのように見えるのはガク片。
この花には花びらが無く、中心の雄しべ、雌しべをピンクや白のガク片が囲んでいるのが特徴です。
鎌倉のたくさんのお寺で、秋の訪れとともに咲き始めます。

「オトコエシ(男郎花)」 オミナエシ科オミナエシ属
オミナエシ(女郎花)よりも剛強な印象があるところから付いた名のようです。
山野に普通に生える草丈1mくらいの多年草です。

「フヨウ(芙蓉)」 アオイ科フヨウ属
ハイビスカスやムクゲと同じ仲間ですが、花姿は清楚な印象で、残暑の強い陽の中でも涼しそうに見えます。


(撮影:2011年9月11日 大巧寺)

2011-09-15 20:33 in 鎌倉 | Comments (2) #