2011年8月23日 (Tue)

タマアジサイ(玉紫陽花)


今夏の猛暑で、パソコンに向かう気力と撮影への意欲がダウンしてしまい、3週間ぶりの更新になってしまいました。
やっと少し涼しくなってきたので、ぼちぼち始動…
小雨が降る日曜に、北鎌倉~亀ヶ谷~海蔵寺を歩いてきました。
ちょうどタマアジサイが咲き始めていて、久しぶりの撮影を楽しむことができました。

              *****************


浄智寺近くの山の斜面には、たくさんのタマアジサイが自生しています。
株も大きく、一度に咲いたらさぞ見事でしょう。
名の由来でもある玉状の蕾から、薄紫の両性花の蕾が覗き始めたものや、両性花が開いたもの、白い装飾花が咲き始めのものなど、様々な状態を見ることができました♪



(撮影日:2011年8月21日)

2011-08-23 23:02 in 鎌倉 | Comments (2) #

2011年8月1日 (Mon)

鎌倉・大巧寺ーインドハマユウ、ハマユウ、ナツズイセン


鎌倉へ出かけると必ず立ち寄る大巧寺。
ちょうど今の時期は花の数は少なめですが、数種の花を撮ることができました♪
 「インドハマユウ」
先日もご紹介したのですが、雨に濡れた風情がきれいでしたので再登場です


 「ハマユウ(浜木綿)」 ヒガンバナ科の多年草
和名は、花の様子が木綿(ゆふ)を垂らしたようにみえるところからついたようです。
木綿(ゆふ)は、コウゾなどの樹皮を細く裂いて作った繊維から作った布のことだそうです。
白い花弁に赤紫色の蘂がとてもきれいです。
 「ナツズイセン(夏水仙)」 ヒガンバナ科
夏に花茎を出しピンクの花を5~6個咲かせ、秋から翌春にかけてスイセンに似た葉を出します。
大巧寺のは花弁の先が少し青みがかっています。


(撮影日:2011年7月31日)



2011-08-01 23:18 in 鎌倉 | Comments (2) #