2010年5月31日 (Mon)

光則寺のヤマアジサイ


また更新が滞ってしまいました(^^ゞ
コアジサイが咲いてから、週末にはヤマアジサイの撮影。
撮影をした画像をチェック、品種ごとに纏めたりで、ついつい更新が後回しになってしまいます。
                 **********     **********
客殿前は「木沢の光」をはじめ、ちょうど見頃の品種が並べられています
昨日は花曇の撮影にはまずまずのコンディション、
朝8時から夕方5時まで、どっぷりヤマアジサイの一日でした。

「ヤマアジサイを見に♪」と思っておられる方は、
今週末あたりまでにいらしたほうがよろしいかと思います。
まだ蕾の状態の品種もたくさんありますが、
明日からの気温上昇で一気に咲き揃ってくるのではないかと思います。

でも、来週でも楽しめる品種はあると思いますし、装飾花が紅色になる「クレナイ」はきっと見頃になっているでしょうから諦めずに(^^)

本堂前の「清澄沢」、装飾花が開き始め縁が赤く色付いてきました



2010-05-31 20:38 in あじさい | Comments (2) #

2010年5月20日 (Thu)

アルバム『 光則寺のヤマアジサイ 』のご紹介


200種以上のヤマアジサイを境内で育てている光則寺、
その品種名と写真が一冊のアルバムになりました。
以前よりそんなものがあるといいね~とお話しをしていたのですが、
光則寺さんが頑張って作成・印刷、本日より境内で販売をはじめました。
光則寺へおいでの際は、どうぞお求めください。

『 光則寺のヤマアジサイ 』
   18頁/172品種を掲載
   ¥1,000 (消費税込み)





2010-05-20 15:51 in 花・風景 | Comments (2) #

2010年5月19日 (Wed)

光則寺のヤマアジサイ(5/16)ー別子テマリ、祖谷の風車、土佐の月、秋篠テマリ


今日は少し肌寒い一日、午後から雨が降り始め明日の午前中まで雨のようです。
週に一度通る道端で、アカツメクサのピンクの花に混じって、白い花が咲いているのを見つけました。
シロバナアカツメクサと言うことなのでしょうか(^^)
今日はちょっと得をした気分♪♪
             **********

「別子(べっし)テマリ」
ピンクを帯びた淡い紫の花がテマリ状に咲きます。
装飾花の花弁のギザギザ(ナデシコ弁と言います)が可愛いです。

「祖谷(いや)の風車」
白い両性花の周りにブルーの装飾花、見頃になるのが楽しみな品種のひとつです。

「土佐の月」
装飾花は白から淡いピンクなのですが、、、これからどう変身するか楽しみです。

「秋篠(あきしの)テマリ」
今はまだ全体に黄緑色ですが、ほんのりピンクも見られます。

2010-05-19 20:35 in あじさい | Comments (0) #

2010年5月18日 (Tue)

光則寺のヤマアジサイ(5/16)ー天女の舞、鈴鹿、伊予の星屑、黄葉ヤマアジサイ


ヤマアジサイは、花の最盛期はきれいで目をひきますが、咲き始めの小さな装飾花の色が変わっていき、両性花が開くその変化も楽しむことができます。今週は、咲き始めのヤマアジサイたちをご紹介したいと思います。
******************

「天女の舞」
白・八重のガク咲きです
早咲きの品種ですが、今年はコアジサイと同じ時期に咲き始めました
今は装飾花の中心が淡緑色ですが、咲き進むと純白になります

「鈴鹿」
装飾花にほんのりブルーが出てきています。
この後どのように変化をしていくのか、両性花はどんな色なのか、、、
咲いたのを見るのは初めてですので、楽しみです

「伊予の星屑」
装飾花、両性花ともにピンクのかわいい品種
今はほんのり色が出てきているところです

「黄葉(きば)ヤマアジサイ」
黄色の葉が特徴です
花が咲くまでもうしばらくかかりそうですね
               
2010-05-18 20:34 in あじさい | Comments (0) #

2010年5月17日 (Mon)

光則寺のヤマアジサイ(5/16)ーコアジサイ、奥多摩コアジサイ、花笠


今年も光則寺のヤマアジサイの季節がやってきました。
コアジサイの繊細で可憐な姿にひと目でファンになり、紫陽花の季節には光則寺通い。
境内で咲く180種以上の品種それぞれの咲き方・色の多様さを知れば知るほど、魅力ある花です。
             **********
今年は例年に比べ開花が遅れていますが、コアジサイと奥多摩コアジサイは丁度満開。
他の品種もそれぞれ蕾が成長し、装飾花の少しですが開き始めてきました。
昨日撮影をしたヤマアジサイをご紹介したいと思います。
「コアジサイ」
装飾花がつかない両性花のみの品種ですが、両性花のつくりはガラス細工のように繊細です。

「奥多摩コアジサイ」
コアジサイとガクウツギの自然交雑種と考えられている品種です。
コアジサイと同じ両性花のみですが、コアジサイの紫色系に対してブルー系の印象です。

「花笠」
開花の時期はコアジサイと同じ、早咲きです。
八重のテマリ咲きですが、今年はちょっとさびしい花付きです。

品種不明の?
葉に特徴があるので、花が咲けばわかるのではないかと思います。
この株についている花のほとんどがなぜか長方形で、装飾花が長方形の角にひとつずつ付いています。
どうしてこんな形に拘っているのでしょうね。
他の花とは違った意味で、楽しみな品種です。

2010-05-17 19:39 in あじさい | Comments (0) #

2010年5月16日 (Sun)

ヤセウツボ


今日のブログは、ピンチヒッターでロシナンテが書いています。
ハム次郎に呼び出され、カメラを持って公園まで行ってみると、初対面の花が。
一見すると美しくはないのですが、個々の花はどこか「オドリコソウ」を思わせる姿。
もしや「ウツボグサ」ではなかろうか、ということになってひたすら撮りまくりました。

調べてみると「ヤセウツボ」=「痩靫」と言う帰化植物でした。
主にマメ科植物に寄生して生きているようです。
周囲には、「シロツメクサ」などが広がっていましたから、
そのどれかに寄生しているようです。
農作物に被害を及ぼすとの理由で、外来生物法で要注意外来生物に指定されているそうです。
問題児ですね。


「ヤセウツボ」= ハマウツボ科、ハマウツボ属
ヨーロッパ~北アフリカ原産
ハマウツボよりも痩せているので「ヤセウツボ」、なのだそうです。

ロシナンテ

2010-05-16 00:49 in 花・風景 | Comments (0) #

2010年5月14日 (Fri)

新林公園ーオオナルコユリetc.




湿生植物池の側のベンチでおにぎりを食べ、山道入り口から出発点の片瀬山北公園を目指しました。
少し急な登り道でしたが、マルバウツギやマムシグサ、ヤマフジ、これから咲くオカタツナミソウなどを楽しみました。

ナルコユリに似ているけれど…と思いながら撮っていると、側に「オオナルコユリ」との名札がぶら下がっていました。
花はまだでしたが、蕾がたくさんぶら下がっていました。

去年も同じところで見つけた「ツルニンジン(蔓人参)」
別名:「ジイソブ」 キキョウ科ツルニンジン属
根が朝鮮人参に似ているところからついた名前だそうです。
花期は8~10月ですので、釣鐘状の花が咲くのが楽しみです。


2010-05-14 00:15 in 新林 | Comments (0) #

2010年5月12日 (Wed)

新林公園ーマルバウツギ、ヤマフジ


約1.5kの散策路を抜けると古民家の裏手に出ました。
古民家の山際には真っ白な花のマルバウツギが咲いていて、とてもきれいでした。
鎌倉でもいたるところで見ることができますが、まだほとんどが蕾の状態でしたので、思わず古民家をパスして花のほうへ一直線。

「マルバウツギ(丸葉空木)」  ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木
花の中心にあるオレンジ色の輪のように見えるのは蜜腺でしょうか。
白い花弁と黄色の花粉、オレンジの輪、とってもかわいらしい花です。
花だけでなく、葉っぱの秋の紅葉も楽しみのひとつです。


湿生植物池のアヤメを眺めながら奥にある川名大池へ行き、
カワセミなどを観察するための覗き窓から池を見ると、
たくさんのヤマフジが下がっていて見事でした。
ヤマフジと藤の見分け方は、蔓の巻き方だそうですが、右巻き・左巻きをどう定義するかで違ってしまうそうですので…
川名大池のは蔓を見ることはできませんでしたので、どちら巻きだったかはお預け、、、です。
                   (撮影日:2010.05.08)
              

2010-05-12 23:02 in 新林 | Comments (0) #

2010年5月11日 (Tue)

新林公園ーカントウマムシグサ、ムラサキマムシグサ、ツクバキンモンソウ


昨年母と行ったときに見つけた「ツクバキンモンソウ」、今年も見られるのではないかと楽しみにしながら歩きました。
見覚えのある緩やかな登りの木道脇に、昨年とほぼ同じ大きさの小さな株がひとつ。
少し株が増えているかな、株が大きくなっているかな、、、とちょっと期待をしていたのですが、残念。。
きっと木道脇なので、踏まれて大きくなれないのかもしれませんね。
「ツクバキンモンソウ(筑波金紋草)」 シソ科キランソウ属
ニシキゴロモの変種で太平洋側で見られる種類だそうです
葉の表面は脈に沿って紫色を帯びるそうなのですが、その特徴はこの株でははっきりとはみられませんが、たぶん幼苗のためでしょう…と昨年林の子さんに教えていただきました。
                ************
今回、新林公園の美化保全活動をされているボランティアの方々が、作業で下草狩りをしておられるところに行き会いました。
以前の新林は笹が生い茂る山だったこと、その笹を刈ったり、散策路を整備したり…気持ちよく安全に楽しませていただけているのは、その方々をはじめ、たくさんのボランティアの方々のお陰だったのです。
また、必要最小限の手入れ、いままであった草花を守り育て、外部から新しい草花を持ち込まないということに気をつけておられるということも伺うことができました。
ちょうど作業を終えられたボランティアのNさんが、私たちと初対面であったにもかかわらず、古民家までの散策路脇に咲く花々やこれから咲く花々を説明をしながら案内をしてくださいました。


教えていただいた中のひとつ「マムシグサ(蝮草)」  サトイモ科テンナンショウ属
仏炎苞(ぶつえんほう)が淡緑のものと淡紫色の二種類があり、淡緑色のものを「カントウマムシグサ(関東蝮草)」淡紫色のものを「ムラサキマムシグサ(紫蝮草)」と呼ぶそうです。
秋に真っ赤な実をつけた姿も楽しみです。      (撮影日:2010.05.08)



2010-05-11 21:20 in 新林 | Comments (0) #

新林公園ーナツトウダイ


モノレール・片瀬山駅から片瀬山北公園まで徒歩で15分
五月晴れの良い天気で、少し汗ばむほど…
でも、北公園から新林公園の山道は、森のかおりと木漏れ日で爽やかな気分でした♪
今回新林で出会った花を数回に分けてご紹介したいと思います。                *****************
不思議な星型とそこからぶら下がっている奇妙な実「どうしてそんな格好をしているの?」と聞きたくなるような「ナツトウダイ」


ナツトウダイ(夏燈台) トウダイグサ科
不思議な星型に見えるのは花の部分で、三日月形の腺体の先端が細長くとがり、クワガタムシの角のように見えるのが特徴だそうです。
根付のようにぶら下がっている玉状のものは、子房です。
植物の花や実は見れば見るほど面白いものですね。



2010-05-11 01:08 in 新林 | Comments (0) #

2010年5月8日 (Sat)

鎌倉・光則寺のヤマアジサイーコアジサイ、奥多摩コアジサイ


昨日の雨が上がり、爽やかな五月晴れ。
昨年から気になっていた藤沢・新林公園に行ってみました。
大船から湘南モノレールに乗り、片瀬山で下車。
住宅街の花を眺めながら約15分ほど歩き、片瀬山北公園に到着
ここから新林公園に入ります。
今日出会った花は、後日ご紹介できれば…と思っています。

    **********************

新林公園から片瀬山駅に戻り、江ノ島駅経由江ノ電・長谷駅へ…
目的は「咲きましたよ~」と情報をいただいたコアジサイと奥多摩コアジサイ♪
前回は5月2日に撮ったのですが、一週間しか経っていないのに、今日はしっかり両性花が開いていました♪♪
そのほかのヤマアジサイたちも、ずいぶん蕾が大きくなっているのにびっくり。
うっかりしていると、見頃を逃してしまいそうです。
コアジサイ

奥多摩コアジサイ



2010-05-08 22:53 in あじさい | Comments (2) #

2010年5月3日 (Mon)

光則寺のヤマアジサイ


GWに入ってから、まさに五月晴れの天気。
青空のもと、こいのぼりが元気に泳いでいます。

栃木の花がまだ中途半端なままですが、5月の鎌倉の花をちょっと…
今日は時間がタイトだったので、鎌倉・光則寺とハマダイコンの咲く由比ガ浜を急ぎ足でまわって来ました。
光則寺では紫陽花に似た白い花を咲かせるヤブデマリが咲き始め、ヤマアジサイの「コアジサイ」と「天女の舞」も花を開き始めていました。
「コアジサイ」
虫眼鏡でみないとわからないほどですが、確かに薄紫色の両性花がのぞいています

「天女の舞」
180品種以上ある光則寺のヤマアジサイの中で一番に装飾花を開き始めました



2010-05-03 00:00 in 花・風景 | Comments (2) #