2009年2月23日 (Mon)

河津桜…三浦海岸さくらまつり…3


今週の天気予報は晴れマークが無く、曇りと傘ばかり。
一雨ごとに暖かくなってくるのでしょうね♪

さくらまつりの会場の線路を隔てた反対側に位置する小松ヶ池公園周辺は、三浦大根やキャベツの畑が広がっています。
収穫が終わった畑の畦には、ホトケノザやナズナがのびのびと咲いていました。



キャベツと仲良し      花が咲いた巨大なブロッコリー
2009-02-23 00:14 in 花・風景 | Comments (0) #

2009年2月21日 (Sat)

河津桜…三浦海岸さくらまつり…2


さくらまつりの会場から京浜急行の陸橋を渡り、キャベツ畑を左に見ながら小松ヶ池に向かいました。
池の畔には大きなソメイヨシノの木があり、桜の時期にはまた楽しむことができそうです。




2009-02-21 19:55 in 花・風景 | Comments (0) #

2009年2月20日 (Fri)

河津桜…三浦海岸さくらまつり…1


仕事が休みだった昨日(2月19日)、母に誘われて、三浦海岸さくらまつりに行ってきました。

京浜急行「三浦海岸駅」から徒歩15分程度でさくらまつり会場に到着。
線路沿いの遊歩道は、河津桜と菜の花が真っ盛り。
この桜は地域の活性化のため、有志の方々が10年前から植栽を始められたのだそうです。
これからさらに10年経つ頃には、伊豆の河津のように、河津桜の名所として知られるようになるかもしれませんね。




2009-02-20 23:44 in 花・風景 | Comments (2) #

2009年2月17日 (Tue)

中央公園の梅


自宅から歩いて5分たらずのところにある公園。
住宅地に開発される前は、山だったことを思わせる自然が残っています。
桜やヤマボウシ、クヌギなどの大きな木の下には、様々な小さな野の花が咲きます。
その一角に梅の木が植えてあり、今年も春一番の彩りを楽しませてくれました。



(2月7日撮影)

2009-02-17 23:44 in 花・風景 | Comments (2) #

2009年2月16日 (Mon)

大船フラワーセンター ***薬草園***


フラワーセンターに行くと、何となく寄ってみたい薬草園
園内は冬枯れのまま、
それでもホトケノザやオオイヌノフグリが通路と花壇の境目で花を咲かせていました。

昨年10月、ここで「ほそばおけら」の綿毛を撮影。
今回、綿毛が飛んでしまった状態で元気に存在を主張していました♪

2008年10月18日撮影


2009年2月8日撮影

2009年2月14日 (Sat)

大船フラワーセンター ***春への誘い展3***


外は春一番が暴れまわっています。
咲きすすんできた梅の花が、吹き飛ばされてしまわなければいいのですが…
予報では、朝にかけて雨も降るようなので、それも心配。

またまた間が空いてしまったblog更新。
フラワーセンターで撮った画像がもう少し残っているので、あと数回お付き合いください。

マンサク            菜の花とサンシュユ    


                 玉縄桜      
3枚目の黄色い花、海ホウズキのような形の花に気をとられて、名前の札を見るのを忘れてきてしまいました(^^ゞ   

2009年2月5日 (Thu)

大船フラワーセンター ***春への誘い展2***


春への誘い展では、今年もきれいな椿が展示されていました。
その中から、花の状態が良かったもの2種と、気になった1種をご紹介します。

「玉の浦」           「こぼれ紅」


「ハイドゥン」(ベトナム原産)
花が開いた状態を見ることができず、心残りな椿

桐野秋豊さん(日本ツバキ協会元副会長)著「色分け花図鑑 椿」で“ベトナムの原種”のページに載っていましたので一部抜粋し掲載させていただきました。
*******
花は濃桃~紅色で花弁は肉厚13~15枚
花には1cmの柄があり、花径7cm前後。
旧正月を祝うめでたい花として、ベトナム名を海棠(ハイドゥン)という
*******

ベトナムの原種のページでは、他に金花茶に良く似た黄色の椿「フラバ」など数種が紹介されていて、また見たい花が増えました。

2009年2月3日 (Tue)

大船フラワーセンター ***春への誘い展1***


明日は暦の上では「立春」
ネットで検索をしたら
…立春は冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日で「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日…とありました。
横浜では身を切られるような寒さを感じる日はあまりありませんが、「立春」という言葉に心が浮き立ちます。

大船フラワーセンターの展示室で開かれていた「春への誘い展」、今年は例年に比べ展示の構成と内容がちょっと寂しく感じましたが、それでも一足早い春の花を楽しむことができました。

ハクモクレン


クリスマスローズ      リュウキュウシロスミレ