2008年12月16日 (Tue)

北鎌倉・東慶寺、晩秋の花


北鎌倉へ行くと寄らずにはいられない東慶寺
ここも四季を通じて、様々な風景や花を楽しめるお寺です。



(撮影日:2008年11月30日)
2008-12-16 21:04 in 鎌倉 | Comments (4) #

2008年12月15日 (Mon)

鎌倉・海蔵寺の紅葉


鎌倉、扇ヶ谷の海蔵寺、四季を通して花の楽しめるお寺として、訪れる人が年々増えています。
境内の紅葉はもとより、海蔵寺へと続く道も紅葉のスポットとして知られています。

ただ、ご住職が日々手入れをされている境内、当然立ち入るべきでないところに、竹で通路と庭を仕切ってある中に、入り込んで撮影をしている人が、少なからず目に付きました。
そんなことをして撮った写真に、充足感をもてるのでしょうか。




(撮影日:2008年11月30日)

2008-12-15 00:18 in 紅葉 | Comments (2) #

2008年12月13日 (Sat)

紅葉の北鎌倉・円覚寺


紅葉を求めて、週末ごとに鎌倉詣で。
でもこの週末は、仕事と所用で撮影はお預け…たぶん来週も。

そこで、これまで撮りっぱなしで、多分、倉庫に入れたままになりそうな画像の中から、
少しずつ引っ張り出して、こちらで見ていただこうかと思っています。
撮影をした日にちが、かなり前後すると思いますが、お許しください^^;

まずは、11月30日に北鎌倉・円覚寺で撮影をした紅葉風景を♪



1…龍隠庵から居士林前の紅葉を望む
2…書院の庭の楓、障子のガラスの中に紅葉
3…仏日庵前の見事な紅葉
4…円覚寺の一番奥まったところにある黄梅院の大きな楓の木、色付きはこれから
2008-12-13 23:50 in 紅葉 | Comments (10) #

2008年12月12日 (Fri)

コセンダングサ


河原や空き地、荒れ地など、どこででも咲いている、見かける花「コセンダングサ」。
幼い頃には、花よりも種子「ひっつき虫」の方が馴染みの名前でしたし、遊び道具のひとつでした。

最近は、この花を見つけると白い舌状花の存在が気になって、つい足が止まってしまいます。
咲いている場所によって、微妙に違う「コセンダングサ」
鎌倉に行ってまで探さなくても良さそうなものですが…これまた、マイブームになってしまいそうな予感が^^;


瀬上市民の森の入り口の道路脇の正統派(?)コセンダングサ


北鎌倉から亀ヶ谷切り通しを抜けたあたりの空き地のコセンダングサ、黄色い筒状花に張り付くように小さな舌状花


岩舟地蔵堂から浄光明寺へ向う途中、民家の塀際のコセンダングサ
コシロノセンダングサへ変身中(?)かなぁ。。
2008-12-12 22:11 in 鎌倉 | Comments (0) #

2008年12月11日 (Thu)

今日は地元でー5


「今日は地元で」編、締めは「イヌホオズキ」です。

中央公園からの帰り道、道路沿いの10数本並んで植えてある梅の木の下に、たっくさんの「イヌホオズキ」を見つけました。
他の雑草が冬枯れをしている中で、濃い緑の葉と白い花はとても元気で、「どこからでも撮って!」と言っているようでした♪



「イヌホオズキ」
ナス科の一年草
別名:バカナス(ホオズキやナスに似ているが、役に立たない…というところから付けられたようです)
こんなに愛らしい花なのに、、、花言葉など付けてはもらえないのでしょうね。

2008-12-11 20:43 in 花・風景 | Comments (0) #

2008年12月10日 (Wed)

今日は地元でー4


今日は朝から風も無く、穏やかで暖かい一日でした。
数日前の寒さが嘘のようです。

近くの中央公園の中を通る道、駅へと向う人が通る道、この道の脇は春にはスミレをはじめとして様々な小さな花、山を見上げると山桜が咲き、夏前にはアジサイ・ロードになります。

今の時期は落ち葉だけかなぁと思いきや、元気な花が…ハキダメギクでした。そして、花が付いてるとは通り過ぎる人にはわからないほど、小さく密やかに咲いている「コナスビ」が、、、♪
人目など気にしていられません(^^ゞ
行き倒れ・座り込みスタイルで撮影♪♪でした。
コナスビ
何度か通えば、果実が割れ、種が覗いた姿を見ることができるかもしれません。

2008-12-10 20:22 in 花・風景 | Comments (2) #

2008年12月9日 (Tue)

今日は地元でー3


近くの団地で、ベニニガナとタツナミソウを撮った後、自宅から5分の中央公園へ、何かあるかもしれないと期待をしながら移動。

移動中に、以前センテッド・ゼラニュームをいただいたお宅の前の小さな公園で、シャリンバイがピンクの花を付けていました。

中央公園では、センニンソウの綿毛を捜していたロシナンテ、白い花をまだつけているのを見つけました。
もう随分気温が下がってきているのに、、、早く綿毛にならないと凍えちゃいますよ~(^^)


ムラサキシキブの黄葉とアザミの綿毛もみっけ♪



2008-12-09 23:24 in 花・風景 | Comments (0) #

2008年12月8日 (Mon)

今日は地元でー2


今年もあと三週間で終わり…と、文字にしてみると、ちょっと焦りモード。
まだ、年賀状の準備もしていないし、甥っ子や姪っ子へのクリスマス・プレゼントを考えないといけないし、、、今年こそは翌年への大掃除持越しは避けたいし(^^ゞ
と言いつつも、パソコンの前に座ってしまいます♪

近くの団地の花壇、いつも様々な花が咲き、楽しみな場所のひとつ。
さすがに今の時期は冬枯れ状態でしたが、桜の落ち葉の布団に包まっているかのように「タツナミソウ」が何株も花を付けていました。




2008-12-08 19:55 in 花・風景 | Comments (2) #

2008年12月7日 (Sun)

今日は地元でー1


昨日、大巧寺を出発点に、東勝寺跡→頼朝の墓→荏柄天神→鎌倉宮→覚園寺→獅子舞→瑞泉寺→鶴岡八幡宮と紅葉巡りをしてきました。
鎌倉の紅葉は、お寺や日当たり、品種によって色付きは様々。
でも、ほぼピークは過ぎつつあるような印象でした。
20948歩、さすがに途中から腰が痛くなり、それでもバスにも乗らず鎌倉駅まで歩きとおしました。

と言うわけで、、、今日は地元でぶらぶら散歩。
山茶花は今を盛りと咲いていますが、野の花は数種。
数種であっても、地べたに這いつくばって撮影を楽しむのには十分な花たちでした。
今日から数回に分けて、アップをしたいと思います。

撮れたて一番手は「ベニニガナ(紅苦菜)」…キク科
今まで鎌倉・収玄寺の本堂脇で鉢植えされていたのを見ただけでしたが、先週、近くの団地の植え込みの下に咲いているのを見つけ、今日の一番の目当て!
木の下の日陰になっているところで、手ぶれと風に四苦八苦して撮った後、同じ団地内を回っていると、集会所のコンクリートの間や花壇の中に、お日様を浴びたベニニガナが何株も♪♪
意外に逞しい花のようです(^^)

散歩から戻り、画像の取り込みをし、ちょっとうとうと。
ふと目が醒め外を見ると、綺麗なグラデーションの空が♪♪
久しぶりに夕の空を撮りました。



2008-12-07 19:59 in 花・風景 | Comments (4) #

2008年12月1日 (Mon)

光則寺ー秋の実4つ


鎌倉の秋は紅葉が楽しみですが、、、春から夏にかけて境内で咲いていた草や木の果実も楽しみのひとつです。
とはいえ、ついつい色付いた葉にばかり目が行ってしまいます。

「あそこにコナスビが実を付けたのよ」「スズメウリの実の最後のひとつがあっちに」「木を見上げたら、白い実がたくさん付いていて…」と、案内をしてくださる後に続き、境内をあちらこちら(^^)♪

コナスビ(小茄子)
黄色の小さな花を見てから、実がなるのを楽しみにしていたはずなのに、教えてもらうまですっかり忘れていたコナスビの実。
この実が、熟すと5つに割れてたくさんの種子を出すのだそうです。
とすると…5つに割れて、種子が覗いている姿を見たくなってしまいました♪


スズメウリ(雀瓜)
カラスウリに対応して付けられた名前のようですが、カラスウリはぶら下がっている姿にすぐ気付きますが、スズメウリは小さくて、まわりの緑に紛れてしまって、教えていただかないと見つけられなかったと思います。


ソヨゴ
橙色から赤く熟した実、花も小さくて愛らしいですが、実もかわいいですね。
この実からの芽生えはなかなか見つけられないそうです。


ナンキンハゼ(南京黄櫨)
仲良し三人組のような不思議な白い実、気になって調べてみたら
「果実は初めは緑色、熟すと茶色になり、秋に熟した朔果が割れ、白い蝋状物質に包まれた種子が3個出てくる」とありました。
なるほど納得!

花も実も付き合えば付き合うほど面白く、嵌っていきます。

2008-12-01 22:37 in 鎌倉 | Comments (7) #