2008年10月18日 (Sat)

大船フラワーセンター・ミコシグサ


一週間前にはまだミコシになっていなかったゲンノショウコ、今日は立派にワッショイワッショイ♪お神輿になっていました。

大船フラワーセンターの牡丹園の奥にある薬草園、花の無い時期はあまり人が訪れず静かな場所です。
4年前の9月、ここのニラの花を撮っていたときに出会った林の子さんに教えていただいてから、一時ミコシに嵌って…未だに、この時期になるとなぜか気になる場所です。




2008年10月13日 (Mon)

大船フラワーセンター・コスモス


三連休の初日、友人夫妻と大船フラワーセンターでミニミニオフ会をしました。
目的は秋バラとコスモス、それに、気になっていた薬草園
午前中は生憎の小雨でしたが、雨に濡れたバラは絶好の被写体。。
久しぶりにバラの香りと姿を楽しみました




コスモスは百日紅園に植えられていましたが、疎らでちょっぴり期待はずれ
でも、それなりに撮影を楽しむことができました

バラはギャラリーにアップをしましたので、お時間のあるときにでも見ていただけるとうれしいです
「 Rainy rose 」
http://hamujiro.2.pro.tok2.com/g2008_14_index.htm




2008年10月10日 (Fri)

ヒヨドリバナとツマグロヒョウモン



北鎌倉・浄智寺から建長寺への途中に横須賀線の踏切があります
北鎌倉へ行ったときには、ちょっと寄りたいこの踏切沿いの小道。。カテンソウ、ショカッサイ、ムラサキケマン、ヤマブキをはじめいろいろな野の花を楽しむことができます
先日は大きく育ったヒヨドリバナがたくさんの白い花を咲かせ、無心に蜜を吸うツマグロヒョウモンが一匹。近づいても、逃げることなくカメラに納まってくれました(^^♪


2008-10-10 23:53 in 鎌倉 | Comments (0) #

2008年10月8日 (Wed)

どこにでも咲いている花だけれど…


円覚寺のイヌタデに混ざって咲いていたミズヒキ、ベニバナボロギク、どこにでも咲いている花ですが、石垣の上という撮影姿勢にはとっても楽ということで久々に被写体になりました。
そして、ベニバナボロギクの傍らに、ちょっと小ぶりで上を向いて咲いている白い、ボロギクに似た花も。。

<ミズヒキ>
ミゾソバやイヌタデ、イタドリなどと同じタデ属
花弁の上側の3個は赤、下側の1個は白ということから付いた名前だそうですが、色の付き方はいろいろあるようです。
この個体は絞りのような模様でした


<ベニバナボロギク>
アフリカ原産の一年草
以前はあまり目にすることがなかったような気がしますが、最近はどこにでも。。下を向いているのは萎れているのではありません


<ダンドボロギク>
撮影後図鑑で調べたところ多分ダンドボロギクではないかと思われます
北アメリカ原産の一年草
1933年に愛知県の段戸山で発見されたので段戸襤褸菊(ダンドボロギク)と付いた名前だそうです
ベニバナボロギクより一回り小ぶりで細身、かわいらしい花です

2008-10-08 23:38 in 鎌倉 | Comments (0) #

2008年10月7日 (Tue)

円覚寺で気になる花


5ヶ月以上更新が滞ってしまいました。
文章を書くのが苦手で、とても毎日の更新は無理だろうと思いながら始めたこのblog、、、放置したままというのも気になり、「なんとなく時々更新」ペースで始動をしたいと思います。
時々お時間のあるときにでも覗いていただく程度でお付き合いください。

円覚寺・仏日庵前の石垣上にはアジサイやキンモクセイが植えられていますが、その足元に咲く小さな花。。カテンソウ、タデ、ボロギク、、、仏日庵から黄梅院へと向かう人々は気づくことなく通り過ぎて行きます。
先週日曜日は、ここに咲くタデ科の小さな花を50mmマクロ+中間リングで撮ってきました。



たぶんイヌタデ(いわゆるアカマンマ)だと思うのですが、4枚目はもしかしてハルタデ?かな??
1mm~1.5㎜しかない小さな花、今、円覚寺で一番気になる被写体です


2008-10-07 20:02 in 鎌倉 | Comments (2) #