2008年1月23日 (Wed)

明月院の蝋梅


鎌倉のあじさい寺としてたくさんの人々が訪れる明月院、紫陽花の時期だけでなく蝋梅、桜、菖蒲、紅葉なども楽しむことができます
鎌倉のお寺の中では多分一番早く開花する蝋梅を、今年も新年5日と9日に撮影
アップのタイミングがずれてしまいましたが…「撮ってきました♪」と言うことで




2008-01-23 22:50 in 鎌倉 | Comments (0) #

2008年1月22日 (Tue)

収玄寺の小さな花(2)


光則寺で3時間以上過ごした後、1週間前撮影をした「アシズリノジギク」ではないかと教えていただいた花を確認をしに収玄寺に立ち寄りました
でも、境内の中どこを探しても見当たらず…どこに行っちゃったんでしょう
他の花は先週と同じ、虫かごのように花弁の先がくっついたホトトギスはそのままの姿でしたし、ヒメツルソバもかわいい花を咲かせていました

ベニニガナ、本堂脇の日だまりで、夏に見つけたときよりすこし小さめの花を付けていました


ほんのりクリーム色でスマートな花弁が可愛らしいスイセン、ちょっと真剣に撮影を(笑)


スイセンの葉っぱに隠れても、可愛い頭が覗いてますよ~♪♪
2008-01-22 23:04 in 鎌倉 | Comments (2) #

2008年1月20日 (Sun)

今週も光則寺


土牢脇の白藪椿をもう一度撮りたくて、光則寺へ行ってきました
咲いているものはすでに花弁が痛んでいて(泣)
でも、まだまだ蕾がたくさん付いているので、きっと次回は綺麗な花に出会うことができるかでしょう♪
土牢の山の斜面や境内に戻る階段の途中には、大きな藪椿の樹が幾本もあり、上を見上げると赤い花弁が陽に輝いていました

先週の長谷寺や東慶寺では、紅梅はまだ数輪しか咲いていませんでしたが、光則寺の客殿横はもう4分咲き


境内の蝋梅はそろそろ終わりですが、侘助椿を始め様々な椿が当分の間楽しめます
池の傍の太郎冠者もますます元気に咲いていますし、今日は凍った池面にピンクの落ち椿が…


駐車場入り口脇の山側に大きなシデコブシの樹があります
昨年は咲いた花を見る機会を逃してしまい、今年こそはと楽しみにしていました
でも、今年は蕾が昨年に比べかなり少なめ、ちょっと心配な状況です
「昨年咲き過ぎたので、今年は休養」というのでしたらいいのですけれど…
画像は一年前の1月13日に撮影したものです



2008-01-20 00:13 in 鎌倉 | Comments (2) #

2008年1月13日 (Sun)

収玄寺の小さな花


今日は光則寺~長谷寺~収玄寺~英勝寺~(亀ヶ谷坂)~北鎌倉、約11.000歩のデジ散歩
蝋梅や椿、水仙、そしてちらほら梅も咲き始めていました

一年を通して小さな花が咲いている収玄寺さんの境内、さすがに蝋梅ぐらいかなぁ…と思いつつ立ち寄ってみたところ、思いがけない花が密やかに咲いていて暫し這いつくばっての撮影に♪



4枚目は鉢植えの小さな合歓の木に蕾らしきものが…ピンクの花は同じ鉢に生えているムシトリナデシコです
2008-01-13 23:53 in 鎌倉 | Comments (4) #

2008年1月8日 (Tue)

光則寺の蝋梅


新年の初撮りの目当ては光則寺さんの蝋梅でした
まずは参道・藤棚横の木、年末から咲き始めていたので、花数も多くなっていました。ただ、葉っぱをたくさん付いたままでしたので、なかなかうまく切り取れず…
昨年1月13日に撮影した画像を一枚、倉庫から引っ張り出してきました

…素心蝋梅…
土牢への階段途中には、数本の満開に近いのっぽの蝋梅の木が♪
今年初めて気付き、馥郁たる香りに包まれながら暫し撮影を楽しみました


…素心蝋梅…
門を入った左手に、花弁の黄色が濃い「唐蝋梅」(素心蝋梅の園芸種だそうです)、まだまだ小さな木ですが、しっかり花を付けていました


…唐蝋梅…

2008-01-08 21:37 in 鎌倉 | Comments (6) #

2008年1月3日 (Thu)

今年もよろしくお願いいたします


昨年、ギャラリーとして纏める予定の無い画像や倉庫に入ったままの画像の中から、お気に入りを不定期にアップをしてみようかと思い、始めたこのblogでした
毎日一枚ずつでも更新していくのが本来のblogの使い方かなぁと思いながらも、なかなか思うようには…
でも、そんな気まぐれなblogにコメントを下さったり、見ていてくださった方々、ほんとうにありがとうございました
今年もきっと同じようなペースでの運営になると思いますが、気長にお付き合いくださいね

昨日、今年初めての撮影に鎌倉・光則寺に行ってきました
年末の撮り納めのときに蝋梅と侘助椿が咲いていたことと、光則寺さんでしたら街中の喧騒とは無縁に、静かに撮影を楽しめるかなぁというおもいで(*^^)v
予想通り時折散歩の方々はみえるものの、野鳥やリスの鳴き声をBGMにのんびり過ごすことができました
久々に足を運んだ土牢への道、階段の途中には馥郁たる香りの蝋梅がたくさんの花を付けていましたし
また、土牢前には清楚で優美な白い椿が…そこに植えられたものなのか、もともとそこに生えていたものなのか、経緯は不明なのだそうですが、もしかすると「白藪椿」ではないかというお話でした

2008-01-03 10:33 in 鎌倉 | Comments (4) #