2017年2月26日 (Sun)

ワカサギ電動リール用平型穂先作成


ワカサギ用の穂先は各メーカーから多種販売されている。
テスターが試釣して優秀なのはわかっているがワカサギ釣りは鮎シーズンオフの暇つぶし程度にしか力の入ってないおいらには高すぎる。金はないが時間はある年金老人は自作で我慢。

竿の材料は竿を買った時に入っている箱、アクリル?ポリカーボネート?



この設計図に基づいて箱から部材を切り出し接着剤で貼り合わせる




ガイドを縛り付けこれも瞬間接着剤で固定




この設計図で作った穂先の実釣試験。
ワカサギが1匹掛かって書き上げてくる最中の曲がり具合。
まあまあ曲がりも滑らかだし小さな当たりもわかるのでこれで十分。




電動リール、穂先と完成したらなんかワカサギ熱が冷めてしまった。
小学生の頃からの筋金入りの三日坊主。
何事も飽きっぽい性格は幾つになっても改善はされんね。

2017-02-26 22:01 in 釣り | Comments (0) #

2017年2月10日 (Fri)

先調子か胴調子か


結構いろんな種類の魚釣りしてます。
鮎、アマゴ、ワカサギ、真鯛、メバル、カワハギetc
当たりに掛け合わす釣りが好き。
鮎は別にしてどっちかというと先調子の竿を選んでいた。
今迄は釣りの最中に竿を取り換えることはほとんど無かったのであまり気にしてませんでしたが

先日のワカサギ釣りで右手に胴調子の柔らかい穂先、左手に少し硬めの先調子穂先の電動リール

最近のワカサギ釣りは当たりが小さく尚且つ掛け合わせないとほとんど針掛かりしない
いつもの癖で当たりがあるとビシーと合わせてしまう。
胴調子の穂先はビシーと合わすと竿先が曲がりこんでしまい肝心の合わせがワンテンポ遅れるようで度々針掛かりせず
小さな当たりはこっちのほうが取りやすいんだけど
針掛かりに関しては先調子に軍配
胴調子の竿はビシーと合わせずにゆっくりスイープに合わせる方が余分な曲がりこみが出ず良さげをを実感。

昨年のうたせ真鯛釣りでN師匠の5:5のムーチング竿を借りて釣行した時
当たりにビシーと合わせたつもりでも竿が曲がるだけで針掛かりまで行かず
針掛かりした時もワンテンポおいてからしか生体反応を感じない。
そういえばN師匠はゆっくり大きく合わせてました。

昨年始めたカワハギ釣り
8:2の先調子で小さな当たりを拾ってビシー
掛かるんだが巻き上げてくる途中でバレまたバレ
先調子でも聞き合わせのようなスイープに合わせ、ラインテンションが抜けないように一定速度で巻いてくるのが良かった。

メバルはもっとめんどくさい
その時期に食べている餌によって当たり方が色々
それによって合わせ方もビシーが良い時とスイープが良い時と色々

竿の調子で合わせ方が変わってくるし魚によっても違ってくる。
魚釣りは何時までたっても飽きないはずです。



2017-02-10 19:17 in 釣り | Comments (0) #

2016年12月20日 (Tue)

フロロとナイロン


フロロとナイロンラインの使い分け
今まであまり真剣に考えたことがない。
鮎の泳がせはしなやかさ優先でナイロン
アマゴはシャキット感と屈折率からフロロ

うたせ真鯛釣りはある程度潮に乗せて仕掛けを流し広範囲を狙って行くのでフロロが良いと言われている。
ただフロロラインの300m巻きは結構お値段張るんだよね。
どうせ軽くても10号ぐらいから上の錘をつけるので比重の軽いナイロンでもそんなに差はないだろうと今まで一度もフロロを使っていなかった。

海釣り師匠のNさんと並んで日本海で完全ふかせ釣り
おいらはナイロン6号、師匠はフロロ6号、サルカンは同じ大きさ。
100mぐらい道糸を出した時おいらには真鯛、師匠にはトラハゼ。
ラインの比重差をはっきり感じることができた。
さすが師匠、サルカンをふた回り位小さいものに取り換え流した時の棚を上げその後は好調。

うたせ真鯛釣りに行っているとき潮が早くて大きな錘を使っているときや、逆に潮が動かず船の直下を釣る時には釣果の差を感じなかったが、80mや100mと流していったときには何故か釣果に差が付くことが度々発生。
心のどっかに引っかかっていた疑問が理解できた気がする。

思い切っておいらもフロロラインに巻き替えました。

魚釣りも只闇雲に竿を出してるだけではいけませんね~(笑)


2016-12-20 00:02 in 釣り | Comments (2) #

2016年12月16日 (Fri)

トロトロ玉ねぎ白ワイン煮


今週は寒い日が続く。
外に出る気にもならないのでストーブの番人
暖まるだけではもったいないのでダッチオーブンを出してきて
玉ねぎ・ウィンナー・鶏もも肉の白ワイン煮



蓋をしてほかっておくこと90分
トロトロ玉ねぎの出来上がり
晩御飯のおかずが出来ました




2016-12-16 17:41 in アウトドア | Comments (2) #

2016年11月7日 (Mon)

ワカサギ電動リールVer.3


今回の改造点は穂先の角度可変式にして渋い当たりも拾えるようにしようと

その為に可変機構組み込みのため2号機より長くなった。
見た目のコンパクトさに乏しい



三号機組み立て中に2号機の重大欠陥に気付いた。
ネットで見たのを参考に作ったら右利き用。
ちなみにおいらは左利き。
世間では圧倒的に少ないので参考記事は要注意。
単純に左右逆にすればOKと思ったらリールの巻く方向が逆になってしまう。
これは困った。
直流モーターなので電源の極性を逆にすれば回転方向が反転する。
問題解決と思ったがまたまた問題。
電池の極性を逆にしたいが百均の電動消しゴム、原価を下げるため部品点数が最小限の上改造スペースが全くない。
仕方なく今回は電源別置型としてリード線付とした。
どのみち落下防止に尻手ロープをつけるのでリード線がその代わりにもなるだろうと。




試釣に行かなくては!



2016-11-07 11:27 in 釣り | Comments (0) #

Page 1/51: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »