2018年8月30日 (Thu)

八ヶ岳 2 


メインは苔の観察会でした。自分で同定が難しいので手っとり早く
これは○○と指さしで教えていただけるのは嬉しい。
そして亜高山帯のコケは見た目で分かる(?)特徴的なものが多い。

でも次回同じ場所で同じコケしか分からなかったり(^_^;)
順不同で、

シノブヒバゴケ。


ヨシナガムチゴケ
ムチというのはお腹側から出るムチ状の枝である。
でも他にも8種類ぐらいムチゴケ科は図鑑に載っている(T_T)




ムツデチョウチンゴケ
1本の茎から胞子体がたくさん出る。




今回見たいと思っていたダチョウゴケ
これは三角の葉が立ち上がっていて覚えやすい。



コメント

ムチゴケですか。おもしろいですね。
ひょろ~~と一本だけ出るんですね。
亜高山帯のコケは、なんとなく大ぶりというか
わさーっとしたイメージで、肉眼でも見やすそうです。

by nori 2018/08/30 (Thu) 12:39:29

noriちゃん、肝心なところは虫めがねだけど、
何となく環境とあわせて見ると分かりやすいです。
ほかにもいろいろあって、スギゴケの仲間や
ミズゴケの種類もたんさくあってまた宿題です。

by toki 2018/08/31 (Fri) 08:10:11

コケ、続いてますね~
種類も多くて奥が深そう・・・。
亜高山まで行くとやっぱり種類も平地とは違うんでしょうね。
撮りためてコケ図鑑作っちゃいましょう。

by ジダン 2018/09/02 (Sun) 21:41:09

ジダンさん細々とです。図鑑って10種類ぐらいでいいかな?
ベランダのコケとか?
まだまだこれからだけど、人のヘアスタイルを見ると、
思わずイワダレゴケとか、タチハイゴケとか…想像してしまいます。

by toki 2018/09/03 (Mon) 09:12:16

こんばんは
tokiさんが写されるコケはみなゴージャスです!
私が見るのは貧弱なやつばかりで、糸タイプや
塊タイプなどどこにもあるようなのばかりです。
虫の場所しか行かないからでしょうけど^^。

by つばさ2号 2018/09/03 (Mon) 20:16:39

コケは全くわかりませんが。
結構面白い名前が多いですね!
やっぱり湿気の多い沢筋に沢山あるんでしょうね。

by moto8 2018/09/04 (Tue) 10:21:46

つばさ2号さん、普段見てる平地のって
小さくて識別が難しいです。できてないし…。
初級編としては亜高山帯のコケがいいですね。
行くのは大変ですけど。
針葉樹のカミキリも少し気にしてたんだけど、
だめでした。

by toki 2018/09/04 (Tue) 19:22:13

moto8さん、名前も鳥と似たのが多いですね。
ミヤマとか、コとかヒメとか多いです。
コメツガ、シラビソたちの森でメボソムシクイがしきりに
鳴いていました。

by toki 2018/09/04 (Tue) 19:26:34











数字を入力してください→  


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/110088/blog/blog.cgi/c1/a201808300931.trackback