2020年3月28日 (Sat)

気になる花

先週少し遠いけど、出かけた。
イベント中止のお達しが行き届いていて
梅祭りもなく人も少なく、
のんびりとした里山風景だった。
キバナハナネコノメには
いいタイミングで逢えた。
足元にあり、ハイカーは気づかず過ぎる。
かわいい~花。


前回縮れたドレッド風のコケ、なんだろうと
思っていたけど、今回は水分を与えヒノキゴケと。



近所の銀行の植え込みにあったジンガサゴケ
見事に伸びていたので、深度合成。



顕微鏡写真に挑戦、ハイゴケ




2020年3月16日 (Mon)

忙しい春

里山に行くと、もうスミレも揃い始め、
何とかザクラ


ウグイスカグラ、ちょうど見頃だった。



粘菌も始まる。



そしてコケ歩きのカメムシは
クヌギカメムシ幼虫あたりでしょうか…。
コケはキヌイトゴケ属でしょうか…。



2020年3月10日 (Tue)

間に合った…。

セリバオウレンを見に毎年の公園に行く。
いろいろなバリエーションがあり、
あれもこれもっ、と苦しい体勢で撮りまくる。
雄花と両性花、雌花は探せなかった。


石垣にコスミレ



コケにいた虫、カゲロウの仲間?



コツボゴケ


2020年3月3日 (Tue)

は・る

春めいてきました。
花に誘われて………、まず植物公園です。
梅林は満開でした。
ツバキ園も色とりどり、ヒヨドリの
一番人気はタロウカジャというピンクのツバキ。
そして紅梅にも9羽も群れていました。
よほど美味しいのか…。







花木は
モクレイシ/オニシバリ…か?
ツノハシバミの雄花序/ヤブツバキ




アズマイチゲ/フキ
ユキワリイチゲ/オオバヤシャブシ





2020年2月16日 (Sun)

セツブンソウ

やっぱり節分草や福寿草は漢字がピッタリ。
雪が積もった年もあったのに汗ばむぐらい
暖かい。
台風やイノシシに掘り起こされてもけなげに
咲いていた。
ウメやロウバイ、マンサクなど見上げながら、
コケも探して、耳は鳥の声を探し、と。
ルリビタキや、ジョウビタキ、ウソなど期待していた
けれど、いない。

セツブンソウ


フクジュソウ



パイカオウレン



紅花のネコヤナギ





2020年1月1日 (Wed)

お正月


あけまして、もう五日も過ぎて…。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年の暮れに里山の田んぼでこの時期ならではの
コケを探しました。

正確な名前は不明ですが、
ハタケゴケの仲間とツチノウエノタマゴケか…。


アゼゴケはヒロクチゴケと似ているけれど
この時期に蒴がある、蒴には蒴歯がない。
ということでアゼゴケではあるまいか。



そしてそのそばにあったツノゴケの仲間。



4日は那須のどうぶつ王国に、
大好きなハシビロコウに会ってきた。
羽ばたいたり、歩いたりしてくれた。
ハシビロコウ/アビシニアンワシミミズク
ギニアエボシドリ/オウギバト



ほかにもいろいろ、アルパカやネコに触れたり、
カピバラの毛が意外と硬く庭箒になりそうだった。
ヌマルネコっていうのもかっこよかった。