2020年6月30日 (Tue)

里山

オカトラノオの花畑は見頃だった。
咲き始めの葯の色が好み。


スズサイコの花も咲き始める。



虫は、
ハキリバチの仲間?/ヨツモンカメノコハムシ
この色のカメノコ初めて出会う。
ハラビロトンボ/アカガネサルハムシ



別の場所で、これも初めて会った。
ゲジ(ゲジゲジ)すごーい!足。
図鑑によると歩肢というらしい足の数は30本(*_*)
クモ、ダンゴムシ、ゴキブリなどを食べる益虫らしい。



2020年6月18日 (Thu)

里、畑、顕微鏡で

里ではムラサキシキブが咲いて、オカトラノオももうすぐ。


いつもの虫さんたち。
シマサシガメ(?)/ハスジカツオゾウムシ
アトジロゾウムシ/



右下はナガメ(畑のジャガイモに)
ブロッコリーにモンシロチョウの幼虫や、
キューリにウリハムシもよく来る。
他にアザミウマ、ヘッピリムシという畑の害虫がいる
らしいけど、まだ見てない。

トヤマシノブゴケの40x



同100x




2020年6月8日 (Mon)

里山

午後の2時間ほど歩く。
キイロトラカミキリがたくさん倒木で走り回っていた。
ウラナミアカシジミ/
アカシジミ/ツマグロハナカミキリ


フルノコゴケでは?
(自宅で観察)

①10稜の花被の中から
②黒く丸い蒴
③蒴が開いて弾糸が胞子をはじく…
となる。



白くてドクガの仲間と思いますが。
顔が見えず、見えても何だかわからない。



「校庭のコケ」を参考に、カラヤスデゴケと思います。
腹葉は茎の1.5~3倍、3分の1まで2裂している。
(一番下の腹葉が分かりやすい)
葉の幅約1㎜。
葉には切れ込みがない。
葉の重なりは浅い。
腹片はヘルメット形、舌状になることも多い。
…でもこの種類は日本に45種類とか。
一応私的備忘録。



2020年5月23日 (Sat)

散歩にて

黒川検事長の意外な辞任劇…。
訓告って何?

夕方の散歩。
イイギリの花が長く垂れて咲いていた。
秋の赤い実はよく見るけど、こんな花だったのかと
改めて見上げる。
匂いもほのかに…。


葉上にキマダラカメムシ



幹に広がっていたサヤゴケ…でしょう。



ヒゲナガハナバチの仲間



2020年5月16日 (Sat)

コロナの日々

「#検察庁法改正案の強行採決に反対します!」と、
ここで言っても、なんですけど…。
週明けにも国会でそんな蛮行に出る…かもなので。

気分を変えるべく画像アップです。
顕微鏡の画像、シッポゴケは中肋にトゲがある
というのを確認できた。(40×)


この種類は苦手です。似た種類が多すぎて、
決め手が分かりにくい。顕微鏡をTG-5で。
岩の上にあったのですが…。



散歩で見つけたアカサシガメ
(きまきがみ…)



去年の今頃の公園の
アカバナロウバイ



2020年5月7日 (Thu)

コケ活

昨日は雨だったけど、夕方公園に行くと、
高いところで、ジュウイチの声が突然聞こえた。
ちゃんと渡っているんだな~。

さて、おうちで勉強。
顕微鏡で見るためにためていた押し葉のコケを、
識別するべく見直す。
きちんと整理していないので、どこでだったか…。
現場で撮った写真と照らし合わせて、などやってると、
なかなか進まず気力が薄れてしまう。
時間だけはたっぷりあるので少しずつやってみよう。

まず少し前に撮ったゼニゴケのお椀に
無性芽がたくさん入っていた。


フルノコゴケはガビガビに乾いて黒かったのに、
水に浸すと青々と生き返る。
顕微鏡の接眼部にコンデジを付けて。
裏と








里山の桜の幹に広がるサヤゴケ



2020年4月18日 (Sat)

里山に

久々に花に逢いに里山に。
新緑が美しく重なり、ガビチョウが賑やかに鳴き(^_^;)
鬱屈したコロナの日々をしばし忘れさせてくれる。

ムラサキケマン/ツクバキンモンソウでは?/キンラン
オオジシバリ/キランソウ/イツツバアケビ
サルトリイバラ/ヒメハギ/ニョイスミレ


ニリンソウ



今年初ヤツボシハムシ



おうちで顕微鏡
オオミズゴケの細胞



ところで家での過ごし方、読書、横山秀夫の「ノースライト」は、
久々に感動ものでした。そして、
Netflixでシリーズものを観る。
ドラマは韓国映画の「補佐官」や、アメリカのサバイバー、
こんな信頼できる政治家っていいな~。と今つくづく思う。

そして、畑づくりやベランダ菜園、そして顕微鏡をのぞく。



2020年3月28日 (Sat)

気になる花

先週少し遠いけど、出かけた。
イベント中止のお達しが行き届いていて
梅祭りもなく人も少なく、
のんびりとした里山風景だった。
キバナハナネコノメには
いいタイミングで逢えた。
足元にあり、ハイカーは気づかず過ぎる。
かわいい~花。


前回縮れたドレッド風のコケ、なんだろうと
思っていたけど、今回は水分を与えヒノキゴケと。



近所の銀行の植え込みにあったジンガサゴケ
見事に伸びていたので、深度合成。



顕微鏡写真に挑戦、ハイゴケ




2020年3月16日 (Mon)

忙しい春

里山に行くと、もうスミレも揃い始め、
何とかザクラ


ウグイスカグラ、ちょうど見頃だった。



粘菌も始まる。



そしてコケ歩きのカメムシは
クヌギカメムシ幼虫あたりでしょうか…。
コケはキヌイトゴケ属でしょうか…。



2020年3月10日 (Tue)

間に合った…。

セリバオウレンを見に毎年の公園に行く。
いろいろなバリエーションがあり、
あれもこれもっ、と苦しい体勢で撮りまくる。
雄花と両性花、雌花は探せなかった。


石垣にコスミレ



コケにいた虫、カゲロウの仲間?



コツボゴケ


2020年3月3日 (Tue)

は・る

春めいてきました。
花に誘われて………、まず植物公園です。
梅林は満開でした。
ツバキ園も色とりどり、ヒヨドリの
一番人気はタロウカジャというピンクのツバキ。
そして紅梅にも9羽も群れていました。
よほど美味しいのか…。







花木は
モクレイシ/オニシバリ…か?
ツノハシバミの雄花序/ヤブツバキ




アズマイチゲ/フキ
ユキワリイチゲ/オオバヤシャブシ





2020年2月16日 (Sun)

セツブンソウ

やっぱり節分草や福寿草は漢字がピッタリ。
雪が積もった年もあったのに汗ばむぐらい
暖かい。
台風やイノシシに掘り起こされてもけなげに
咲いていた。
ウメやロウバイ、マンサクなど見上げながら、
コケも探して、耳は鳥の声を探し、と。
ルリビタキや、ジョウビタキ、ウソなど期待していた
けれど、いない。

セツブンソウ


フクジュソウ



パイカオウレン



紅花のネコヤナギ





2020年1月1日 (Wed)

お正月


あけまして、もう五日も過ぎて…。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年の暮れに里山の田んぼでこの時期ならではの
コケを探しました。

正確な名前は不明ですが、
ハタケゴケの仲間とツチノウエノタマゴケか…。


アゼゴケはヒロクチゴケと似ているけれど
この時期に蒴がある、蒴には蒴歯がない。
ということでアゼゴケではあるまいか。



そしてそのそばにあったツノゴケの仲間。



4日は那須のどうぶつ王国に、
大好きなハシビロコウに会ってきた。
羽ばたいたり、歩いたりしてくれた。
ハシビロコウ/アビシニアンワシミミズク
ギニアエボシドリ/オウギバト



ほかにもいろいろ、アルパカやネコに触れたり、
カピバラの毛が意外と硬く庭箒になりそうだった。
ヌマルネコっていうのもかっこよかった。