2017年3月25日 (Sat)

3月後半


3月もあと少しで終わってしまう。
この時期のスギタニルリシジミも見てないし、
カエルの卵もまだ。
毎年のワンパターンな花探しが、もう何年も続く。
古い写真を見て、これ撮ってた……。
なんてのもあり、まったく進歩してないのかもしれない。
むしろ後退(^_^;)
そんな中、毎年楽しみな出会いもある。
オオイヌノフグリが見事に咲いていたので、
広角レンズに替えて、そしたら元気に
ビロードツリアブがやってきて、
そのままの広角レンズで撮るのまき。



ヒサカキ/アブラチャン
アズマイチゲ/フサザクラ
草花・花木も一緒でした。




ニリンソウ(ほんのり紅色に染まっているのを)
ウスベニニリンソウと言う・・・らしい。
/ヤマエンゴサク
赤いハナネコノメ/ルリタテハなぜかチョウです。




3月後半


里山にて、オニシバリは樹皮が強く鬼でも縛れるという由来。
ナツボウズは夏は葉が落ちボウズになるからという由来。
ナニワズともいう。
という花。
ナニワズ



ウグイスカグラ




ここから山です。

ユリワサビ




ニリンソウ



2017年3月11日 (Sat)

早春の花


2回分です。
3月上旬に節分草、ミスミソウ、ザゼンソウと
はしごをしました。
節分草は、枯葉のつもった林床にいちめんに(*_*)
こんなに咲き揃ったのは初めて見た。
思い切って出掛けて良かったとつくづく。



そして、つぎはミスミソウ。
農家のおばあちゃんに教えてもらい、山の斜面を探す。
見つかった! でも白くて小さいのばかり。
それはそれで可憐なんだけど……。
色の濃いのや大きな株は結構盗掘されてしまうらしい。

そして昨日は、いつものコースで、ハナネコノメ。
5分咲きぐらいかな? 
咲く前の四角いつぼみがいっぱい出番を待っていた。
この場所はなぜか年々増えているような気がする。

ミスミソウ/ミスミソウ
コスミレ/ハナネコノメ





そして、今年もセリバオウレンを見て、コスミレを見て。
セリバオウレンは
雄花、両生花、雌花も見つかりました。
いろいろなパターンです。
右下が雄花で他は両生花




少ない雌花






Page 1/188: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »