2019年1月3日 (Thu)

初詣2019


初詣に行ってきました。
風が治まる気配が無くて諦めてたんだけど・・・下北方面が大丈夫かも知れんって予報になったんでレッツゴー!

雪道で3時間以上かかって到着すると、目的の漁港手前からガラッと海の様子が違う。
岬ひとつ挟んであっちとこっちで風表と風裏だからなぁ。

とりあえず目的の漁港に行ってみるけど、暴風が吹きつけてる。
ダメだこりゃ。

岬の向こう側にある漁港に行ってみたけど、この時期のここは期待できないんだよなぁ。

まだ誰の足跡も付いていない雪の防波堤を進みながら投げてみる。
1投目からアタリ。
めっちゃちびメバル。

1時間半くらい、そこで粘ってみたけど・・・最初のちびと15cmくらいのメバル1匹だけ。

もう一度さっきの漁港に行ってみる。
追い風ならできないことはないんじゃないかと投げてみる。
10cm~15cmのメバルが、キャストした数だけ釣れた。



探せば、大きいのが入ってる場所があるのかもしれん。
でも、この風じゃね。
防波堤じゃなく、港内の岸壁に立ってたんだけど、風に背中を押されて落ちそうな感じ。

スマホが鳴る。
熊本で震度6弱の地震とか。

帰ろう。

往復7時間、実釣2時間の初詣。
2019-01-03 22:59 in 釣り日記 | Comments (0) #

2018年12月24日 (Mon)

年末です


日曜日に、多分今年最後の磯へ行ってきました。
この先、年明けまで毎日強風が吹き荒れる予報なので、たぶん最後。

3連休の大潮って事もあり、寒い中大勢の釣り人があちこちに入ってましたね。
こんなに人が出てるの久しぶりに見た気がします。

前の日まで荒れていたことと、水温がまだ13度くらいあってエサ取りがわんさかいた事もあって釣果は残念な結果でしたが、楽しいひと時を過ごしてきました。

ちょいちょい短時間だけでも風が落ちる日はあるので、そんな隙間を縫ってメバルにでも行ければと思っています。



2018-12-24 18:42 in 釣り日記 | Comments (0) #

2018年11月4日 (Sun)

ちょうさへいだん3回目 と、4回目


金曜日の調査でターゲットはシーバスと判明。
しばらくホコリをかぶっていたシーバスタックルを引っ張り出して、お手入れ。

夕方から行きたかったけど、用事があったので出発は日が暮れてから。
現場に到着すると前日のおにーちゃんたち(兄弟でした)が先着。

聞けばすでに3本を釣ったとか。
俺がいるうちに2本追加。
なんとランカーを3本だって。

早めに帰るってんで、防波堤先端に入れ替わりで入る。
既に叩かれたあとで時間もよろしくない。

それでもヒット!
60オーバーくらいのサイズだったけどタモ入れに失敗して逃げられちゃった。
その後、2回ほどアタックがあったけど釣れず。

朝まで待って夜明けを攻めるか、それとも明日の夕方を狙うか。
迷ったけど、風が強くなったので後者を選択。
一時撤収。

朝はゆっくり起きて、用事を全部片づけて出撃。

明るいウチに到着。
薄暗くなってきたところで30㎝超えのソイがヒット。
ルアーをローテーションしながら釣っていると、ルアーが着水した辺りでバシャッと音がした。
竿が引っ張られる。 キタコレ。

ドラグがジージー音を立て、ラインが沖へ走ってゆく。
あの辺には、茂みがあるんだよなぁ・・・止めようとしたけど、フットテンションが抜けた。
ラインブレイク。 お気に入りのルアーだった。

その後、ソイやメバルがぽつぽつ喰ってくる。
シーバス用のルアーに喰ってくるぐらいだから、そこそこデカい。

あれから1時間ほど。
再び竿が曲がる。
最初は走らない。少し引き寄せた所でグーっと底へ走る。
ドラグを鳴らしながら耐えてたら、やっぱりテンションが抜けた。
ルアーローテーションを楽にしようと使っていたスナップが伸ばされてた。

2本立て続けとなると、ちょっと落ち込む。

そこからまた1時間ほど。
今日は8時に帰ろうと思ってたので、これが最後と思って投げた。
外側防波堤の灯台脇に着水。
引いてくると、ゴゴンと手に重みが乗る。

えー、ラストキャストで、マジすか。

最初にばらした方向。
潜らせないように注意しながら寄せる。
今度は足元の海藻地帯。
ヘッドライトを点けてみると、まさに海藻に向かって突進中。
ヤバい、巻かれる。

竿を低く構えて、ドラグを指で押さえながら引き抜くように・・・海藻を引きちぎって脱出。

足元まで寄せ、最後のあがきをかわしながらタモを手に取る。
シーバスを1人で取り込むのって大変だよね。
昨日はここで失敗してるので、慎重に。



自己ベストの85㎝でした。

しばらくはシーバス狙いかな。
2018-11-04 22:26 in 釣り日記 | Comments (0) #

2018年11月3日 (Sat)

ちょうさへいだん2回目


準備万端で出撃。
寒いけど風も穏やかでキレイな星空。

防波堤の先端は、何も反応しない。
少し手前でメバルタックルを投げてみたら、久しぶりに20㎝超えが来た。

若そうなお兄ちゃんが二人やってきて、先端に入る。

チニングロッドに持ち替えて投げてみる。
30㎝にはちょっと届かないソイ。

その時、先端のお兄ちゃんがヒット。
バシャバシャと派手に音を立てて・・・ラインブレイク。

エラ洗いの音が聞こえてたんで、近づいて聞いてみる。
シーバスらしい。

数分後、またおにーちゃんヒット。
今度は頑張ってる。

見に行くと、タモ入れで苦労してる。
デカいシーバス。

何とかタモに収まる。
喜ぶおにーちゃん。
どうしていいのか分からない様子。
スケールも持っていないらしい。

ポケットからスケールを出して計測。
75㎝

スゲーな。
初めて釣ったんだって。
おめでとう。

ちょっと予想が外れたのは俺。
ソイだと思ってたのに、このサイズのシーバスとは。。。

こんなのがウロウロしてるんじゃ、今日のタックルでは商売にならん。

次回はシーバスタックルで行くことにしよう。
2018-11-03 01:34 in 日記 | Comments (0) #

2018年10月28日 (Sun)

ちょうさへいだん


9月30日のブログに書いてた、一晩に3回も俺のラインをブチ切ったヤツ。
実は、先週の釣行でも友人のラインをブチ切った。

俺は3ポンドラインだったけど、友人のは4ポンド。
目の前で見てたけど、まさにデカい!って感じで、3秒くらい粘ったけど何もできないままドラグ音が消えて友人は防波堤の上に、ラインブレイクの脱力感と反動で仰向けに転がった。

何者なんだろう。
予測としては、大きなソイ。
一度だけ、漁港の奥に係留されている船の間で見たことがある。
40㎝くらいのが2匹と、60㎝近いと思われるのが1匹。
近くにある他の漁港でもデカいのが釣れたって聞いたから、おそらくは間違いないと思う。

でも、こうなると釣り上げて確認してみたい。

俺の場合、0.75gと1gの軽いジグヘッドに来た。
友人も1.5gだったし、あまり水深の無い漁港だから重いのは使えないか。
って事は、シーバスロッドじゃ厳しいな。
だからと言って、ウルトラライトのメバルロッドにこれ以上の太い糸は使いたくない。
手持ちのロッドで使えそうなのは、チニングロッドか、ベイトリール仕様のメバルロッド。
ベイトリールはエアスプールモデルだけど、3g以下のジグヘッドを投げるのは難しい。
チニングロッドに付けてるリールは、シーバスロッドに付けてたやつで、ちょっと巻いてあるラインが太すぎる。
いつか巻き替えようと思ってたけど、チニングに行く機会が無いのでそのまま放置してた。

ベイトリールにはバス用に買ってあった6ポンドのナイロンラインを巻いた。
チニングロッドの方は、とりあえずラインが無いのでそのまま。
釣具店で普段は使わない3g#4のジグヘッドを買って漁港へ。

風が強くて、時折吹き付ける突風は身体が押されるほどだった。
俺が2度、ヤツを掛けたポイントは横風になって狙えない。
ポイント方向を狙えば大きく風に流され、風上側からのアプローチじゃ届かない。
仕方なく風下方向に投げてみたけど、最後に俺が切られたポイントともわずかにずれてる。

ジグヘッドが重いので何とか投げられるけど、その分レンジが深くなって根掛かり続発。
なかなか上手くいかない。

時間がたつと、風が少し治まってきた。
それで油断した。
調子よく使えていたベイトリールで、欲を出して遠投したら、大バックラッシュ。
修復不能な状態。

ベイトロッドを片付け、ちょっとだけメバルタックルを使ってみる。
小さめのメバルは釣れてくるから、魚は動いてるみたい。

チニングロッドを使うが、ラインが太すぎて。。。
治まったとはいえ、まだまだ強めの風にあおられて思った方向へ投げられない。

風が強いんで、上空の雲の流れも速い。
釣り場に着いた時は満点の星空だったのに、東の空から月が顔を出したと思ったら雲が出てきて土砂降りの雨。
また月が出てきて・・・その繰り返し。

冬場に着ている防寒服を今シーズン初めて出してきたから、雨で冷えても寒くはないが、3度目の土砂降りで心が折れた。

今週は諦めよう。
でも、この冬のターゲットができた。

とりあえずチニングロッドに使うラインを注文中。



2018-10-28 22:14 in 日記 | Comments (0) #

Page 3/221: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »