2018年8月12日 (Sun)

タイヤ 


タイヤ、パンクしました。
乗る前に気が付けなくて、走りはじめたらすぐに異音がして、完全に空気抜けてた。

一旦、空気を充填してみると、タイヤからシューシューと音がする。
鏡を使って見ると、何か細い釘みたいなのが刺さって、その脇が少し裂けてる感じ。
今朝、出かけた時に刺さって、ジワジワと抜けていたのかな。



俺のクルマはスペアタイヤが無く、タイヤ修理キットが付いています。
今まで使ったことがなかったので、説明書を読んで作業開始。
ボトルをよく振ってからホース付きのキャップを取り付ける。
電動コンプレッサーと接続して、ホースをタイヤに繋ぐ。
コンプレッサーを動かして空気と共にボトルに入っている白い液体を注入。
180mpaまで入れて、5kmほど走れと書かれてる。





とりあえず信号の少ない郊外へ向かって走り、公園入口の自販機前で停める。
ここなら、道路上じゃないんでね。
再びコンプレッサーを接続してタイヤ圧を規定圧まで上げる。
家まで戻りタイヤ圧を確認。 漏れてない。

翌朝、もう一度タイヤを確認して、タイヤショップに行ってみる。

元々付いていたのは純正タイヤで、ハイブリッド車用のエコタイヤ。
スバルXVは、俺のモデルからハイブリッドモデルが追加されたんで、ハイブリッドじゃない俺のクルマにも同じタイヤを履いているらしい。
いわゆるエコタイヤ。

一般的な車よりハンドルのギア比が大きくなってるってわりに、ハンドリングがイマイチな感じだった。
加速も、なんか鈍い感じだった。

それで、走行距離もそこそこで摩耗もあるんで、1本交換じゃなく4本とも新しくすることに。
パンクしなくても、早めに換えようと思ってたんで・・・予期せぬ時期にいきなりってのは痛かったけど、決めました。

お手頃価格なタイヤ、ちょっと高いけどエコタイヤはパス。
その昔、スポーツタイヤと言えばポテンザだったけど、俺のクルマは背が高いからロールが大きい。
だからと言ってミニバンタイヤにしたくもない。

アウトランダーで履いてたデューラーHPの後継モデルとして出てきたアレンザ001ってのが出てた。
ポテンザのSUV向けモデルな位置づけ。

これにしよう。
注文から1週間。
届きました。




タイヤ交換が終わり、店を出ようと発進したところ、ハンドルの回頭性が良い感じ。
加速したら、反応の良さに驚いてアクセル離しちゃった。

こんなに違うモンなのか。

ならし運転は必要なので、いたっておとなしく走ってますが、少しうるさくなった以外は好感触。
これだけアクセルの反応が良ければ、燃費もあまり悪くはないんじゃないかな?
2018-08-12 20:21 in バイク | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/10929/blog/blog.cgi/c8/a201808122021.trackback