2018年8月12日 (Sun)

タイヤ


タイヤ、パンクしました。
乗る前に気が付けなくて、走りはじめたらすぐに異音がして、完全に空気抜けてた。

一旦、空気を充填してみると、タイヤからシューシューと音がする。
鏡を使って見ると、何か細い釘みたいなのが刺さって、その脇が少し裂けてる感じ。
今朝、出かけた時に刺さって、ジワジワと抜けていたのかな。



俺のクルマはスペアタイヤが無く、タイヤ修理キットが付いています。
今まで使ったことがなかったので、説明書を読んで作業開始。
ボトルをよく振ってからホース付きのキャップを取り付ける。
電動コンプレッサーと接続して、ホースをタイヤに繋ぐ。
コンプレッサーを動かして空気と共にボトルに入っている白い液体を注入。
180mpaまで入れて、5kmほど走れと書かれてる。





とりあえず信号の少ない郊外へ向かって走り、公園入口の自販機前で停める。
ここなら、道路上じゃないんでね。
再びコンプレッサーを接続してタイヤ圧を規定圧まで上げる。
家まで戻りタイヤ圧を確認。 漏れてない。

翌朝、もう一度タイヤを確認して、タイヤショップに行ってみる。

元々付いていたのは純正タイヤで、ハイブリッド車用のエコタイヤ。
スバルXVは、俺のモデルからハイブリッドモデルが追加されたんで、ハイブリッドじゃない俺のクルマにも同じタイヤを履いているらしい。
いわゆるエコタイヤ。

一般的な車よりハンドルのギア比が大きくなってるってわりに、ハンドリングがイマイチな感じだった。
加速も、なんか鈍い感じだった。

それで、走行距離もそこそこで摩耗もあるんで、1本交換じゃなく4本とも新しくすることに。
パンクしなくても、早めに換えようと思ってたんで・・・予期せぬ時期にいきなりってのは痛かったけど、決めました。

お手頃価格なタイヤ、ちょっと高いけどエコタイヤはパス。
その昔、スポーツタイヤと言えばポテンザだったけど、俺のクルマは背が高いからロールが大きい。
だからと言ってミニバンタイヤにしたくもない。

アウトランダーで履いてたデューラーHPの後継モデルとして出てきたアレンザ001ってのが出てた。
ポテンザのSUV向けモデルな位置づけ。

これにしよう。
注文から1週間。
届きました。




タイヤ交換が終わり、店を出ようと発進したところ、ハンドルの回頭性が良い感じ。
加速したら、反応の良さに驚いてアクセル離しちゃった。

こんなに違うモンなのか。

ならし運転は必要なので、いたっておとなしく走ってますが、少しうるさくなった以外は好感触。
これだけアクセルの反応が良ければ、燃費もあまり悪くはないんじゃないかな?
2018-08-12 20:21 in バイク | Comments (0) #

2016年12月4日 (Sun)

コーティング・コーティング・コーティング


前回ブログに書いたブリスでのコーティング。
翌週に2度目、そしてさらに1週間乾燥させて3回目のブリスを施工しました。
1回目はブリスRSで、2回目と3回目はブリスNEOを塗っています。

3回目の施工を終えた後、ディーラーに注文していた物を受け取りに出かけました。
テカテカに磨かれた車体を見て、担当さんが「相変わらず綺麗にしてますねー」と一言。

店内に向かいながら「これだけキレイにしてもらえるとクルマも幸せですよねー」と言いながら振り向き、俺のクルマを見て、ちょっと立ち止まる。
眺める。

ちょっと、新しいコーティング剤を使ってみましたと言うと

「名前を伺ってもよろしいですか?」

毎日、新車に囲まれている販売員さんですから、微妙な違いに気が付いちゃったみたいです。

まずは、受付フロントで商品を受け取り、領収書を作ってる間に商談スペースに連れて行かれ、ブリスについていろいろ聞かれちゃいました。

料金を支払い、領収書にサインをして、もう少しブリスを説明。
もう一度、クルマを見せてくださいと、駐車場へ。

傍らに置いてあった新車を見て、新車が100としたら・・・101だな。と、つぶやき、俺のクルマに見入る。

いや、これスゴイ。
何度も、覗き込むように見てました。

自分でも、ツヤがスゴイと思ってたけど、プロの目で見ても違うんですね。

後は、耐久性とか、汚れの着きや落としやすさとか、雪や氷でどうなのかとか。
そういったところが気になりますね。



2016-12-04 22:09 in バイク | Comments (0) #

2016年11月20日 (Sun)

コーティング


先日、買い物に出かけようとクルマで出かけました。
途中でふと思いつき、コース変更。
何も考えずに左折したら工事中で通行止め。
脇道のう回路に入ると泥だらけのあぜ道。
それで減速する俺でもないので、水しぶきを上げながら突進。
う回路を抜けた頃には車が泥だらけ。
ラリーカー状態になってました。

洗車したんだけど、傷だらけ。
これはまずいって事で、ちょっと気合いを入れてお手入れしなきゃ。

ってなことで、以前から考えていたコーティングをすることに。
以前、友人から勧められたブリスを施工することにしました。

まずは洗車。
続いて、ポリッシャーを使ってのコンパウンド掛け。
これで、ボディーの小傷を消します。
次に、コンパウンド入りのカーシャンプーで手洗い洗車。

もっとも、釣り場に向かう道で付いたひっかき傷は消えませんけどね。

手洗い洗車が終われば、いよいよブリス。
洗車後の残った水の上からスプレーをシュッと吹きかけて、スポンジでのばすと水分がサッと避けてゆく感じ。
マイクロファイバークロスで拭きとると、不思議なほど水が消えてゆきます。
わずかに残った水分もわずかな時間でなくなっちゃいました。

本来であれば、完全乾燥までガレージにでも入れておきたい所ですが、ガレージなんてないし、お出かけしたいし・・・。

メバル釣りに、青森市まで往復160Kmくらい走ってきました。
晴れて、空気も乾燥してるんだけど、気温が下がり、車体には露が付着。
だいじょーぶかなーと思いながら就寝。

朝、起きて見ると辺りは濃霧。
車体は完全に結露状態。

ドキドキしながら、マイクロファイバークロスで拭いてみると、水分はあっという間に消えちゃいました。
施工直後と同じ状態。
しかも、昨日の洗車後に残っていた水が作ったウォータースポットも指でなぞるだけで消えちゃうし。
フロントに付いていた虫の死骸も跡形もなくきれいに取れちゃった。

これはスゴイかも。

疎水性って事なので、雨が降った時はどうなるのかね?
積雪時も気になります。

でも、今のところ好感触。
2016-11-20 11:57 in バイク | Comments (0) #

2016年5月22日 (Sun)

作動不能


最近好調の下北方面までメバル釣りに行ってきました。

満月の大潮。
夕まずめから深夜までの釣行。
都合により、上げ止まり前後のいい潮の時間までは居られなかったんですけどね。

行きがけには陸奥湾の南岸にある平内町の釣具屋さんへメンテナンスに出していたリールを受け取りに行き、それから下北半島に行ったので、陸奥湾をほぼ半周する感じで走りました。

釣りの方は、夕まずめに大型のクロソイとカサゴをヒット。
他の時間帯には15~23cmくらいのメバルが、ほぼずっと釣れていた感じでしたね。
デカいのは出なかった。

最初は良い月夜だったんですけどね。
時間が経つと、陸奥湾を挟んだ向こう側の陸地に黒い影が!
どうやら霧が発生しているようです。



スマホで撮った写真を少し明るくしてみました。
画面中段くらいのモヤモヤが霧です。

暗いので気が付かなかったんだけど、なんだかだんだん近づいているみたいで、数キロ沖合にある鯛島の灯台が見えなくなってきました。

あれれ? と思っていると、漁港上空にも霧が入ってきた。




急にひやっとした空気に包まれて、漁港の照明で周囲がオレンジ色に染まってます。
魚の方は、これから良い時間帯に入ってゆくところで、活性は上がったのを感じていたんですが、ここで撤収。

道路に出ると、目の前は霧で真っ白。
漁港周辺以外は、あまり民家も無いような所なので灯りも無い。
クルマのライトだけが頼り。対向車のライトも、遠くからは見えません。
海岸線は急カーブも多いのでめっちゃ怖い。




写真じゃ、あまり分からないけど、センターラインを見てもらえば視界がどれくらいか分かるかと思います。

走っていると車からポーンと警報音。
何だと思ってメーターパネルに目を落とすと、視界不良でアイサイトの機能が一時的に作動停止と出てる。




中央に「EyeSight」と書かれているところに斜線が出てるのが分かると思います。
タコメーターの右下で光ってるのはアイサイト停止で機能を失った斜線逸脱警報と自動ブレーキの警報灯。

帰り道は130Kmほどの道のり。
そのほとんどが霧の中でした。

疲れたー(´Д`)
2016-05-22 18:01 in バイク | Comments (0) #

2016年3月19日 (Sat)

見えてきた


今日、走行距離が3000Kmを超えました。
名古屋への往復で2000Kmは高速道路ですが、一般道、夜、雨の走行も体験できたので、だいぶ車の感じが掴めてきました。

ステアリングがね。ギア比が高いとは聞いていたんだけど、普通に走っている分には気にならない。でも、急カーブの連続する道路や、駐車場など、細かなハンドル操作をする場面で、ちょっと切り過ぎちゃいます。
まぁ、アウトランダーの感覚が染み込んでるからね。
これは慣れるしかない。

問題はアイサイトなんだよねぇ。
基本的には良い物だと思う。
ソフトウェアが未熟というのかな。いろんなところでイライラさせられる。

オートドライブ。
高速道路では、とても有効。運転楽ちん。
でも、それは単独や渋滞していない状態で、一定範囲のペースで走っている時だけ。
前に遅い車が現れて、追い越しをするときには少々コツが必要。
だいたい、なんで100Km/hで走ってる時の車間距離が80mなんだ?
一般道では使わない方がいい。

オートワイパー。
水滴を感知して、自動的にワイパーを作動させる装置。
速度にも関係するらしい。
これが、使いもんにならん。
ほとんど雨滴のない状態でガンガン動く。
邪魔な上に、水分のない状態でワイパー動きまくるからゴムがビビりまくる。
ディーラーで普通の間欠ワイパー作動に切り替えてもらった。

ハイビームアシスト。
オートライト作動時に、周囲が暗い状態で、前方のヘッドライトやテールライトをカメラが認識してハイビームとロービームを自動的に切り替える。
ハイビーム使用率を高め、安全性を確保するのが目的なんだそうだけど・・・。
障害物のない直線道路だといいんだけど、カーブや勾配で対向車の位置が正面付近に無い時にはロービームに切り替わってくれない。
中央分離帯のフェンスや樹木でもライトを認識しないので、結局自分でロービームにする機会が多い。 多すぎる。
それだけなら気にしない。
周りが真っ暗でも、前方に小さな街路灯や自販機の灯りがあるとロービームになってしまう。
ここで消えるなよーってトコで消えてくれちゃう。
こうなると、オートライトから手動のON位置に切り替えないとハイビームにならない。
こんなもん、よく市販しようと思ったもんだな。アホじゃろ。
これも、ディーラーで作動を止める設定にしてもらった。

オートライトは、明るさを感知して、暗くなると自動的にスモール→ヘッドライトONにしてくれる装置。
コレ、アウトランダーにも付いていたし、なかなか便利なんだよね。
でも、なぜか初期設定がおかしい。
周りの車の大半がヘッドライトを点けている状態なのにスモールすら付かない。
早めの点灯っていってるでしょー!
コレもディーラーでしか設定変更できないので、持ち込んで一番早くライトが点くようにしてもらった。
それでも、俺の感覚よりほんの少し点灯が遅い。
まぁ、AUTO位置にしておけば、昼間でもトンネルで自動点灯してくれるから楽なんですけどね。

どーでもいい設定は自分で変更できるのに、何で個人的感覚で差があるような設定をディーラーでしかできないようにしているのか理解に苦しむ。

最も問題なのは・・・そのディーラーかもしれん。
機械屋の直感なのか?
クルマを受け取って、家に帰ってあちこち見てみた時から何かおかしいと感じていた。
点検に出した時に、ここオカシイだろと強く感じた。
今日、設定変更をしてもらった時に確信した。

ワイパーの間欠作動が、どんなタイミングなのか知りたくて、小雨の中でスイッチを入れた。
最初の1回が作動。 2回目が動かない。
あれ? あれれ? いつまで待っても動かない。
なんだコレと思って、クルマを止めて動作確認。
やっぱり動かない。
オートライトの設定は前回やってもらったんだけど、初期設定に戻ってる感じ?
めっちゃ暗いのにスモールも点かない。

ディーラーに電話。すぐに戻って確認してもらう。

「すみません。メカニックが設定を逆にしてました。」

失敗は誰にでもある。
人はミスをするものだ。
故意など、違法な手を加えたものでなければ、そこからそれを防ぐ手段を考え、再発を防ぐ。
ミスをした人に違法行為が無ければ、個人の失敗を責めることはしない。

近年、俺の業界で広がってきている安全への取り組み方の基本だ。
そこは気にしない。

しかし、ちょっと待て。
設定後に作動を確認しなかったのか。
そんなモン基本中の基本じゃないのか?

やっぱり、このディーラーおかしいぞ。
もしかして、この会社がそういうモンなのか?
ちょっと、不信感が湧いちゃってるんですけどぉ。

毎度のことながら、お客さんが帰る時は車が駐車場から出るまで担当者が見送ってくれる。
礼儀だけは正しい。

見ている目の前で、作動を確認してから店を出てきました。
2016-03-19 23:14 in バイク | Comments (0) #

Page 2/4: 1 2 3 4 »